読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむブログ!

MENU

通販(ダイレクト)型自動車保険各社の料金と特約を比較してみた

乗り物とお出かけ

夜の木屋町通です。左に見切れているのはサラリーマンくつろぎの場として有名なお店ですね。

そこをヒールを履いた女性が通りかかるという構図です。夜でもこれだけスカッと撮れるのはやっぱりGRは良いですね。


今日3月27日は何の日でしょう? 世界演劇の日とか、さくらの日とも言われていますね。

3月27日は僕の自動車保険更新の日ですw と言っても更新は2ヶ月前に既にしてるんですけどね。早割が適用されますので。

僕は初めてのクルマを新車で買って以来イーデザイン損保で契約しており、めんどくさかったので何も考えずにイーデザイン損保のまま継続更新しました。

でも今になって比較ぐらいはしておくべきだったなぁとも思いました。保険を見直すことで得することもありますからね。

そこで今回は、同じ条件で通販(ダイレクト)型自動車保険各社の見積もりを出して金額と特約を比較してみました。

僕と全く同じ条件という人はいないでしょうが、何となく「この保険会社の相場はこれぐらいで、こんな特徴がある」ぐらいの感覚を掴めたらと思います。

  • 自動車保険の比較条件例
    • 契約者・車情報
    • 補償内容
  • 各社比較
    • イーデザイン損保
    • SBI損保
    • アクサダイレクト
    • ソニー損保
    • 三井ダイレクト損保
    • チューリッヒ
    • そんぽ24
    • おとなの自動車保険
  • おわりに
続きを読む

ブレーキとアクセルを間違える原因はペダルの踏み替え動作にあると思う

乗り物とお出かけ

夜の木屋町通りでスナップ。歩く人影が何となく良い雰囲気。

悪くない写真なのですが、別の撮影のオフショットなのでボツ写真。

GRは暗がりもスカッと撮れて良いですね!

alfalfalfa.com

この2chまとめがスマホアプリのSmartNewsで取り上げられていたので読みました。

クルマのブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故って絶えませんよね。

この手の事故は高齢者に多く、高齢者に多いのは「ボケているからではなく足が上がらなくなるからだ」というのがこの記事の主旨です。

確かに高齢者ドライバーの事故を「ボケてきたから」と判断するのはあまりに安直です。記事の通り足を上げたつもりが上がってなくて踏み間違えるということも少なからずあるでしょう。

しかし、ブレーキとアクセルを踏み間違えによる事故を「足が上がらなくなったから」では片付けられません。

そもそもブレーキとアクセルを踏み替える時に足を上げますか?

  • 踏み間違えの事故は若者にも起こり得る
  • ペダルを踏み替える時に足を上げる?
  • ペダルの踏み替え動作が原因?
  • 足を上げるのはMT車の慣習?
  • おわりに
続きを読む

春の選抜で甲子園に中村高校・本田雅人のサックスが響き渡る!

趣味とエンタメ

出町桝形商店街にある岡田商会というお肉屋さん。

ここでハムカツを買って食べました。お肉屋さんと言えばコロッケもおいしいですけど、やっぱりハムカツですね!


WBCは残念ながら日本が準決勝で敗れはしましたが大健闘、アメリカが世界一の座を手にして幕を閉じました。

その一方で春の選抜高校野球が盛り上がっております。今回京都の高校は出場していないんですよね〜。

そんな中で僕が注目していたのは21世紀枠での出場となった高知の中村高校。僕個人は縁もゆかりもないのですが、僕が大好きなハイパーサックスプレイヤー・本田雅人さん(元T-SQUARE)の出身校なのです。

それだけに本田雅人さん自身もSNSで母校の出場を祝った上に、何と応援ソングを書き下ろして甲子園まで駆けつけるというサービスっぷりに注目して見ていました。

twitter.com

本田雅人さんのTwitterに中村高校New応援歌ができてから甲子園で演奏されるまでの様子がアップされています。

僕は2年前のアルバム『Saxes Street』以来の新曲ということで楽しみに情報を追っていました。

  • 書き下ろしの応援歌ができあがる
  • 本田さん、新聞に載る
  • 本田さん、まさかのサックス持参で現地入り
  • 甲子園で中村高校New応援歌が流れる……が
  • 1回だけ、しかも途中までしか演奏されなかった
  • 試合の感想
続きを読む

『森山大道 路上スナップのススメ』から学ぶ撮影の心得

デジカメとスナップ写真

商店街の中にあるスーパーの入り口。外に商品を詰めるスペースがあるんですね。

RICOH GRのハイダイナミックレンジ白黒というエフェクトを使って撮っています。

このエフェクトを使うと簡単に森山大道チックな写真が撮れると好評です。本人は苦笑いしそうですが。


森山大道氏と言えば、日本におけるスナップ写真のカリスマ的存在です。

僕は写真家をあまり知らないのですが、森山大道氏はRICOH GRの代表的愛用者ということで知りました(現在はニコンのクールピクスを使っているそうですが)

氏のスナップ写真は「ブレ、ボケ、アレ」と形容され、特にモノクロ写真は強烈なインパクトを与えられます。

そして何より、写真撮影に対してかなりストイックなのです。氏のスピリットは達人を通り越して変人かのような印象を持ってしまいます。

森山大道 路上スナップのススメ (光文社新書)

森山大道 路上スナップのススメ (光文社新書)

光文社新書から出ている『森山大道 路上スナップのススメ』では、森山大道氏が写真を撮りながらスナップ写真について語った様子を同行者の仲本剛氏によって記されています。

本の中には撮影における心得や考え方がたくさん書かれています。これらはスナップ写真ではもちろんのこと、あらゆる撮影において使える知恵でもあります。

今回は本の中から撮影の心得を一部抜粋して、これらに対して僕の意見を書いていこうと思います。

  • 森山大道氏が語るスナップ写真の心得
    • 量のない質はありえない
    • スナップ写真とは日常の中の異界を見つけて撮ること
    • 商店街はシャッターチャンスの宝庫!
    • コンデジでスナップ写真は最高にお気軽!
    • 世はデジタルだからフィルムは諦めよ
    • 移動手段を変えれば視点が変わる
  • 『森山大道 路上スナップのススメ』は紙媒体で買うことをおすすめします
続きを読む

ボケればいいってもんじゃない!【カメラとレンズの話】

デジカメとスナップ写真

少しピンボケな写真です。かなり瞬間的にカメラを向けてシャッターを切るのですが、AFが間に合わないこともしばしば。

AFがいくら速いカメラでも合焦までにラグが少なからず発生するので、ピント合わせ不要なカメラがスナップで最強だと思っています。


よくデジタル一眼レフやミラーレス一眼が欲しいという人には「背景をボカしたい」と思っている人もいるでしょう。

僕もデジタル一眼レフを買った時、撮った写真の背景のボケ具合を見て「おお〜これがデジイチの写真か〜!」と感嘆したものです。

ところが、写真を取り続けるうちに「背景ボケってそれほど重要ではないな……」と思うようになりました。

ミラーレス一眼のレンズや高級コンデジの宣伝文句として背景ボケがプッシュされているのをしばしば見ますが、「ボケればいいってもんじゃない!」ってことを主張したいと思います。

  • 被写界深度の3要素
    • センサーサイズ
    • 焦点距離
    • F値
  • 背景ボケの有効活用
  • スナップ写真を撮っているとボケが邪魔な時がある
    • 肝心なところがピンボケに
  • ボケ以外のメリットも意識しよう
  • おわりに
続きを読む

山科・御陵の激ウマとんかつ食堂熟豚(じゅくとん)の紹介!

乗り物とお出かけ

山科 とんかつ食堂熟豚

僕が住んでいる京都市山科区を宣伝すべく、これまで歴史散歩やラーメン屋について記事を書きました。

www.okigaru-migaru.net www.okigaru-migaru.net

小さい町にこれだけの魅力があるというのをお伝えしましたが、真打ちについては書いていませんでした。

個人的に「山科に来たらばここ!」というお店があります。それは御陵駅近くにあるとんかつ食堂 熟豚(じゅくとん)です。

その名の如く、とんかつが食べられるお店です。ここのとんかつがとにかく美味しい!

山科には他にも美味しいお店があるのですが、熟豚は特別おいしいです。とんかつに目覚めるかもしれませんよ!

  • 1番のおすすめはヒレかつ定食!
    • ガツンといくなら脂身たっぷりのロースかつ!
  • 熟豚の営業時間とアクセス
    • 駐車場について
続きを読む

ホワイトデーのお返しを買いにASSEMBLAGES KAKIMOTOへ行ってきた

乗り物とお出かけ

ASSEMBLAGES KAKIMOTO

今年のホワイトデーのお返しは何にしようかとネットで調べていたところ、京阪・神宮丸太町駅近くにあるASSEMBLAGES KAKIMOTO(アッサンブラージュ・カキモト)というお店が気になったので行ってきました。

assemblages.jp

  • サロン・ド・ロワイヤル出身のシェフによるお店
    • ボンボン、ピール、サブレフィグを購入
    • 店内の喫茶もある
  • アクセスと営業時間
  • ついでにスナップ
続きを読む

京都に本社のある移動販売「ロバのパン屋」を見かけたので蒸しパンを買ってみた

乗り物とお出かけ

ロバのパン屋 販売車

遊ばなくなったゲームソフトをブックオフにファ◯クオフしようと向かう道中、何やら歌が聞こえてきました。

目を向けるとそこには「ロバのパン」と書かれた軽ワゴン車が停まっていました。

これはロバのパン屋というパンの移動販売でして、京都人の間では割と知名度があるようです。

僕も小さい頃から町で見かけて存在は知っていました。でも今まで一度も買ったことがありませんでした。

ここで出会ったが運命ってことで、初めてロバのパン屋でパンを買ってみました。

  • ロバのパン屋とは?
    • 「パン売りのおじさん」の歌と一緒に現れる
    • 神出鬼没な移動販売
  • チョコレート蒸しパンを購入
    • ついでにスナップ
続きを読む

ウイニングポスト8 自家生産馬での攻略法を難易度ULTIMATEで実践してみた!

趣味とエンタメ

ウイニングポスト8 2017やってますか〜? 発売から半月が経ちましたね。

www.okigaru-migaru.net

僕は現在、歴代菊花賞馬を世代最強馬にするというコンセプトでプレイしています。

シンボリルドルフがG1を12勝、メジロマックイーンがG1を11勝するという無双っぷりを見せてくれています。

あとイベント発生でついつい買っちゃったオグリキャップでG1を15勝しました。

一方で、スーパークリークが菊花賞除外で武豊の初G1勝利が無かったことになったり、ナリタブライアンが皐月賞で着外のボロ負けをしたりと、思い通りにはいかないこともしばしば。

www.okigaru-migaru.net

さて、データ引き継ぎのおかげでヌルゲーモードでやっているのですが、初心者の人には結構難しいゲームかもしれません。

そこで序盤の攻略法を紹介した記事を書きましたが、果たしてこれはどれぐらい通用するのかを検証してみました。

そういうわけで、自家生産馬で序盤を攻略する方法・実践編です。

使っている画像はプレイ中のテレビ画面をデジカメで写したものです。お粗末ですみません。

  • 攻略法検証のルール
  • 牝馬を集める
    • 幼駒セール
    • 幼駒入手イベント
    • 繁殖牝馬入手イベント
  • 幼駒の評価を見る
  • 種付け
  • 幼駒セール
  • 繁殖牝馬セール
  • 11月2週に調教師イベントが発生
  • 年末に競走馬の動向を決定する
  • 検証の結果:G1初勝利まで16年かかった!
    • 厩舎の拡張を優先すべし!
  • おわりに
続きを読む

大学の歴史学科ではどんな勉強・研究をするのか

歴史学入門

大宰府政庁跡

今日のアイキャッチ画像は大宰府政庁跡です。僕が学生の頃に古代史ゼミのメンバーで行ってきました。

写ってる人は同級生と後輩、教授らです。懐かしいです。


もうすぐ4月です。4月から大学生になるという諸君は期待と不安に胸を踊らせていることでしょう。

サークル活動にアルバイト、友人や恋人とのキャンパスライフ。とても楽しそうですね。

ただ、これらをすべて充実させられるのは一部の限られた人間であると覚悟しておきましょう。大学生になったからって努力も運も無しに彼女ができるかっつーの!


おっと、取り乱してしまいました。話を本題に戻します。

学生の本分は勉強ってことですよ。大学は日本の最高学府なのですから。モラトリアムだとか就職予備校なんて言われますが勉強第一なのです。

いくらサークル内で大恋愛を成功してみせたり、合コンでかわいいナオンをお持ち帰りしてみせたり、ナンパを成功してみせたりしても、勉強できる人間が1番偉い!


いけませんな、またまた話が脱線しちゃいました。何かコンプレックスでもあるのかしらねぇ……。

僕は文学部歴史学科を卒業しました。歴史学科では文字通り歴史学を勉強・研究します。

これから歴史学科に入学するという学生は「いったいどんな勉強をするのだろう」と不安に感じている人がいるかもしれません。

また学生以外でも「大学にまで行って学ぶ歴史ってどんなのだ」と思う人もいるのではないでしょうか。

そこで歴史学科でする勉強とはどんなものかをお教えしましょう。

  • 高校までの歴史科目
  • 大学で学ぶ歴史学
  • 歴史学とは
    • 史料批判が必要
    • 考古学の重要性
  • 時代の区分
    • 日本史の時代区分
    • 史料を収集する
    • 史料が読めなければ話にならない
  • 想像力を膨らませられるか
    • 高校までの歴史科目の知識がここで活かされる
  • 歴史学に必要な技量
  • おわりに
続きを読む