おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

デジカメとスナップ写真

デジカメやスナップ写真に関することを書いてます。

パンケーキMFレンズ フォクトレンダーULTRON 40mm F2がリニューアルされるってよ!

パンケーキのMFレンズでお馴染みのフォクトレンダー ULTRON 40mm F2がリニューアルするそうです。フォーカルリングが太くなり、Ai-S非搭載用のカニ爪、クローズアップレンズなしでも最短撮影距離25cmを実現しているそうです。

200記事を記念してアイキャッチボツ写真をまとめてFlickrにアップしました

200記事目ということで、101〜200記事の間にアップしたアイキャッチボツ写真をアルバムにしました。

買うならこれ! おすすめのデジタル一眼レフ・ミラーレス一眼ボディとレンズの組み合わせ

高スペックながらコスパ良好で軽くておすすめな、デジタル一眼レフとミラーレス一眼のボディとレンズの組み合わせを紹介します。

思わずスナップを撮りに行きたくなる高級コンデジランキング【2017年夏】

2017年夏の高級コンデジランキングです。スナップに適した軽量&コンパクトなデジカメを選んでいます。RX100M5、LUMIX LX9、G9X MarkII、GRII、G7X MarkII、X100F、HX90V、TZ90、A900、TG-5について紹介しています。

2017年中に発売? 僕がRICOH GR IIIに望むスペックを語ってみた

今年2017年中に発売されると予想されるRICOH GRIIIに望むスペックを語ってみます。

京阪樟葉駅周辺でスナップ写真撮ってきた!

京阪樟葉駅周辺でスナップ写真を撮ってきました。撮影機材はRICOH GRです。

オリンパスからマクロ自慢な防水・耐衝撃コンデジ Tough TG-5が発表されました

OLYMPUS Tough TG-5が2017年6月223日に発売されると国内発表されました。防水・耐衝撃コンデジで、1/2.33型センサーに1200万画素と高感度に強くなり、最短撮影距離1cmに光学4倍ズームの顕微鏡モードも健在。起動やボタンの反応も速くなったとのことです。

RICOH GRの好きなエフェクト3種を比較してみた

RICOH GRの好きなエフェクト(ハイコントラスト白黒、ポジフィルム調、ブリーチバイパス)をブラケットを使って撮った写真で比較してみました。

京阪中書島駅周辺でスナップ写真を撮ってきた!

京阪中書島駅周辺でスナップ写真を撮ってきました。撮影機材はRICOH GRです。

RICOH GRのISO高感度設定におけるノイズとシャッター速度の変化

RICOH GRのハイコントラスト白黒を使えばノイズも表現力として使えます。ISO値を高感度の設定した時の写真への影響とシャッター速度の変化を見ていきましょう。

ニコンプラザでカメラとレンズの1日お試しサービスが始まるそうです

ニコンプラザ新宿・名古屋・大阪で、機材を1日自由に持ち出して使用できる「カメラ&レンズお試しサービス」が5月6日から始まるそうです。料金体系や機材ラインアップについてコメント。

RICOH GRをパンフォーカスにする絞りとスナップ距離の設定

RICOH GR(APS-C)でパンフォーカスの設定にする絞りとスナップ距離を検証します。結果としましてはF5.6 / 2.5mが実用的でした。

100記事を記念してアイキャッチボツ写真をまとめてFlickrにアップしました

投稿が100記事到達したので、これまでにアイキャッチに使ったスナップ撮影のボツ写真をFlickrにアップしました。40枚の中からベスト3枚を選びました。

RICOH GRの絞りによる画質と被写界深度の変化について検証

RICOH GRでパンフォーカスにするにはどれぐらい絞れば良いのかを検証します。絞りが被写界深度(背景ボケ)と解像度(画質)どのように影響するのかを知りたい人も参考にしてください。

RICOH GRのエフェクト「ハイコントラスト白黒」の魅力について

RICOH GRのエフェクト「ハイコントラスト白黒」と普通の白黒を比較し、コントラストを調整してみました。このエフェクト使うと簡単に森山大道氏の「アレ・ブレ・ボケ」の様な写真が撮れてしまいます。

京阪丹波橋駅周辺でスナップ写真を撮ってきた!

京阪丹波橋駅周辺でのスナップです。大手筋商店街、納屋町商店街、風呂屋町商店街で撮影しました。使用機材はRICOH GRです。

『森山大道 路上スナップのススメ』から学ぶ撮影の心得

『森山大道 路上スナップのススメ』(光文社新書)から、撮影のヒントになりそうな森山氏の言葉を6つ紹介しています。

ボケればいいってもんじゃない!【カメラとレンズの話】

デジタル一眼レフやミラーレス一眼、高級コンデジでは背景がボケた写真を撮りやすいですが、写真はボケればいいってもんじゃありません。センサーサイズ、焦点距離、F値の影響とボケのメリットとデメリットを説明します。

京阪七条駅から京都駅まで歩いてスナップ写真撮ってきた!

京阪七条駅を起点に、京都駅の方まで歩きつつスナップを撮ってきました。ルートとしては、七条駅を下りて川端通より東へ、七条鴨東商店街を撮り、川端通の西へ戻って鴨川を南下、塩小路通を経て京都駅前まで歩きました。撮影機材はRICOH GRです。

カメラの機材遍歴と一緒に僕の経歴を振り返る

文学部歴史学科を卒業して介護士になった僕の経歴とカメラの機材遍歴を紹介。今まで使ったデジカメ、Nikon D40、Nikon COOLPIX P300、Nikon D600、RICOH GR、RICOH GXR、Panasonic LUMIX TX1、その他デジイチ用のレンズたちを紹介します。

ニコンの高級コンデジDLシリーズが発売中止というお知らせ

ニコンから発売予定だった1型センサー高級コンデジ・DLシリーズの発売中止が公式サイトで発表されました。画像処理用ICの不具合で発売延期の状態でしたが、開発費の増加と市場の減速が原因のようです。

デジカメ(一眼レフ)初心者が最初に知りたい露出に関する専門用語

デジタル一眼レフやミラーレス一眼など、高機能なデジカメを買ったばかりの初心者の人が、最初に知っておきたい露出、シャッター速度、絞り、F値、ISO感度について説明しています。

最強の旅行用コンデジPanasonic LUMIX TX1の外観と使用感

RICOH GRのサブ機として使っている、Panasonic LUMIX TX1の紹介です。1型センサーを搭載しており、25-250mmと高倍率ながらもコンパクトなデザインが特徴です。視野率100%の電子ビューファインダー(EVF)や、タッチパネルの液晶モニター、親指AFなど、多機…

最強のスナップ用コンデジRICOH GRの外観と使用感

僕がメインで使っているデジカメは、RICOH GRというAPS-Cセンサー搭載のコンデジです。28mm F/2.8の単焦点レンズは歪みが少なく開放から解像し、軽量&コンパクトが持ち運びが楽で「最強のスナップシューター」と評判のカメラです。

最新ミドルクラス・コンデジのスペックをまとめてみた【2017年1月時点】

3〜5万円前後で買えるミドルクラスのコンデジのスペックをまとめて、各カメラについて僕の意見を書きました。取り上げているのは、Nikon COOLPIX A900、SONY Cyber-shot HX90V、Panasonic LUMIX TZ85、OLYMPUS STYLUS SH-3、Canon PowerShot SC720 HS、CAS…

最新高級コンデジのスペックをまとめてみた【2017年1月時点】

2017年1月時点で発売している高級コンデジのスペックをまとめました。取り上げているのはSONY RX100M5、Canon PowerShot G7X M2、PowerShot G9X、Panasonic LUMIX LX9、LUMIX TX1、RICOH GRII、FUJIFILM X70、X100Fです。

京阪祇園四条駅周辺でスナップ写真を撮ってきた!

京阪祇園四条駅周辺、花見小路通や河原町通などに行ってスナップ写真を撮りました。RICOH GRでの撮影です。意味深なチラシを貼る薬局、夜のたこ焼き屋さん、奥に居酒屋がある細い路地を撮りました。

京阪三条駅周辺(木屋町通〜河原町通)で撮ったスナップ写真を撮ってきた!

京阪三条駅周辺・木屋町通や河原町通などに行ってスナップ写真を撮りました。撮影機材はRICOH GRです。河原町駅前の信号待ちの風景、河原町通のゲームセンター、囚人が女性のスカートを覗き見る画が描かれた外壁を撮りました。

京阪出町柳駅周辺で撮ったスナップ写真を撮ってきた!

僕のFlickrアルバム『DEMACHIYANAGI』にアップしている写真からベスト3枚を紹介します。商店街を横切るクルマ、とても怪しい階段、一際目立つ青果屋さんです。アイキャッチ画像は商店街に停められたバイクです。撮影はRICOH GRです。

ネット上で人の写真を偉そうに批判する輩に物申す!

Yahoo!知恵袋で、SNS上にアップした趣味の写真を貶すように批判されたという投稿を見て、思わず記事を書きました。写真に正解も不正解も無いこと、レタッチに頼り過ぎることは良くないこと、ネットで偉そうに批判するのは愚かだという持論を書いています。

京阪三条駅周辺(三条名店街から寺町・新京極商店街)でスナップ写真を撮ってきた!

京阪三条駅周辺・三条名店街や寺町商店街などに行ってスナップ写真を撮りました。撮影機材はRICOH GRです。靴屋の陳列棚、商店街の路地裏、薬局の看板と松葉杖の人を撮りました。

スナップ写真におけるトリミング&クロップの賛否について

写真におけるトリミング(クロップ)は賛否両論あります。撮影後でも被写体にクローズアップできるので便利ですが、画質が悪くなったり、撮影時の気持ちを大事にするべきだと否定されがちです。また、トリミングをすることで誤解を生む場合と、真実を隠す場…

デジカメのモノクロやエフェクト機能は邪道?

デジカメのモノクロやフィルム調の再現などのエフェクト、加工による周辺減光について、邪道だと考えていましたが、最近になって表現手段として有効だと肯定的になりました。人間の目では見られない景色を写すことができますよ。

カメラのキタムラ一斉閉店! 理由はスマホが売れなくなったから?

今日のニュースで、カメラのキタムラの22店舗が閉店することになったそうです。原因はハード部門の業績不振で、特にスマホが実質0円規制で売れなくなった影響が大きいようです。

ブログ開設以前(2009〜2016年)の写真をまとめたアルバムからベスト3枚を厳選!

2009年から2016年の間に僕が撮った写真のベスト3です。下鴨神社・糺の森の納涼古本まつり、梅田スカイビルの展望台、琵琶湖にある日吉大社の山王鳥居での写真です。

街角スナップの設定はF8でISO400がおすすめ、らしい! けど…?

ライフハッカーで「街角で良い写真撮る為の設定はF8・ISO400が大原則」と書かれていました。解像度と被写界深度の点でベストな写真が撮れるのですが、アーケードや曇天など環境によってはシャッター速度が遅くなり、手ブレ写真を量産してしまいそうです。

最新スマホのカメラ機能に関するスペックをまとめてみた【2017年1月時点】

最新スマホのスペックを、手ブレ補正などカメラ機能に絞ってまとめてみました。iPhone 7 (Plus)、XPERIA XZ、XPERIA X Compact、AQUOS SERIE mini、AQUOS Xx3、HTC10、GALAXY S7 edge、isai Beat LGV34、V20 PROについて取り上げています。

「写真はスマホで十分」と言わずにコンデジを買った方が良い理由

最近のスマホのカメラは高画質です。ですからデジカメを持っていない人は「写真はスマホで十分」と思っているかもしれませんが、安いコンデジを買った方が撮影がとても楽で良いですよ。グリップ感やズーム、専用機の安心感という観点からコンデジのメリット…

必要最低限の編集で自然なRAW現像の方法

RAW現像は自由に編集できる分、過度に加工しがちです。僕は自然な写真づくりを心がけています。露出補正、ホワイトバランス、傾き、彩度、ハイライト、シャドウ、コントラストの調整方法をまとめています。

スナップ写真ではRAW現像派? それともJPEG撮って出し派?

高機能なカメラを持つ人にとって、写真データはRAW現像か、JPEG撮って出しか迷いますよね。あとから修正がしやすいRAWと、データ管理がしやすいJPEG。どちらにもメリットとデメリットがあります。僕は撮影シーンに合わせて使い分けていますが、スナップ写真…

スナップ撮影に最適なレンズの焦点距離は28mm・35mm・50mmのどれか!

街中でスナップ写真と撮影する時の焦点距離は28mm、35mm、50mmのいずれかが、人間の目に近く感覚的に写真を撮れる上に、自然な画角だから日常感を表現しやすいです。これらの画角を含む標準ズームレンズが便利ですが、単焦点レンズもおすすめします。

デジカメで使うSDカードは転送速度を重視すべし!

デジカメで使うSDカードの選び方は容量よりも転送速度を優先して買った方が良いです。普段CLASS10を使っている僕が、CLASS 4を試しに使ってみたら書き込み時間が長く、カメラの挙動が遅くなりました。CLASS 10、UHS-3のSDカードを選びましょう。

スナップ撮影におけるデジイチとコンデジの長所・短所

綺麗に写るデジタル一眼レフと、手軽に扱えるコンパクトデジカメ。どちらがスナップ撮影に向いているのでしょうか。バッテリーのもちや、電源オン・オフのタイムラグ、ズームやピント位置の固定、性能、サイズ、コスパ、目立つか目立たないかの観点から僕の…

フルサイズのデジイチを売って代わりにコンデジを買った話

フルサイズのデジタル一眼レフを持っていましたが、あまりに大きくて重たいから持ち出さなくなったため売却。そのお金でコンデジを買いました。デジイチで撮れる写真は綺麗ですが、撮影に持ち出しやすい軽くてコンパクトなカメラは正義でした。

インターネット時代におけるスナップ写真のこれから

スナップ写真は日常的な光景を切り取る撮影スタイルです。そしてインターネットとスマホの普及により、多くの人が日常をスナップしてSNSなどで「シェアする」、一億総写真家時代が到来しました。その一方で、肖像権やプライバシーの問題が目立つようになりま…