おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

2017年の天皇賞(秋)(キタサンブラック)を振り返る 〜現役最強馬の復活と武豊の好騎乗〜

宝塚記念で惨敗したキタサンブラックの秋競馬は天皇賞(秋)から始動しました。

台風の影響で最悪な不良馬場で行われ、スタートで出遅れながらも現役最強馬の復活と武豊の神騎乗が話題になりました。

レースの振り返り:現役最強馬復活の神レース

www.youtube.com

2000mという距離は長距離からマイラーまで参戦します。

宝塚記念を勝利したサトノクラウンや、ドバイターフで海外G1を勝利したリアルスティール、安田記念を勝ったサトノアラジン、今年のオークス馬ソウルスターリングや去年のダービー馬マカヒキなど豪華メンバーで争われました。

キタサンブラックはこれまでスタートが上手かったのでしたが、このレースではゲートに頭をぶつけてまさかの出遅れ。宝塚記念の敗北を引きずっているかのようなスタートでした。

位置取りは強敵サトノクラウンをマークするように中断待機。先行すると予想していた各馬は焦ったのではないでしょうか。

この日は台風の影響で水が浮かぶ程の悪い馬場でした。特に多くの馬が踏んできた内馬場は走るのにパワーが必要なため、各馬避けるように外を周りました。

しかしキタサンブラック騎乗の武豊はあえて内馬場を選択しロスを少なくしました。キタサンブラックのパワーなら大丈夫と信じたのです。

そして4コーナーでいつの間にか先頭をとらえる勢いで、最後の直線では馬場がましな外へもちだしつつ、道悪と得意とするサトノクラウンとの力比べを制して復活のゴール。

これで天皇賞3勝目。現役最強馬の威厳を再び証明したのでした。