おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

auスマートバリューの料金プラン別割引をまとめて比較してみた

www.au.com

auスマートバリューは、au指定のインターネット会社と契約していれば、auスマホの月額料金の割引されるというものです。

その割引はスマホの料金プランによって異なります。最大で2,000円割り引かれるプランもありますが、その分元の月額料金が高額です。

僕は出先やベッドでゴロゴロしている時のネット、LINE、電子書籍、クルマ移動中の音楽聞き放題サービス、クラウドへの写真のアップロードなどを使用し、月にだいたい5GB前後使用します。

月々5GB程度の使用を想定して、auスマートバリュー 適用の上でどのプランが1番お得かを比較してみました。

auスマートバリュー適用の各プラン料金

今回比較するのは以下の4プランです。

  • データ定額30:2,000円割引
  • LTEフラット:1,410円割引
  • データ定額5:1,410円割引
  • auピタットプラン:1,000円割引

他にも様々なプランでauスマートバリューの割引が適用されるのですが、割引が大きく、ネットも楽しめる以上の4プランを厳選して調べました。

最大割引2,000円のデータ定額30

www.au.com

auスマートバリューで最も割引が大きい料金プランはデータ定額30です。2,000円割引されます。

毎月30GBまでの通信が可能なプランです。30GBはスマホだとかなりの通信容量なので、実質ネット使い放題ぐらいに考えていいでしょう。

しかし、データ定額30は月額料金が8,000円です。インターネットサービスのLTE NETの300円、スーパーカケホの基本料金で1,700円(2年契約で誰でも割適用)がプラスされます。

つまり10,000円かかるところが、auスマートバリュー適用で8,000円ですね。結構高いです。

普通にネットを楽しむ程度ならほぼ無制限と考えていいですね。通信容量を気にしなくていいのはメリットですが、容量を余らせてはもったいないです。

ましてやauスマートバリューを利用する人は自宅に光回線などのインターネット環境があるでしょうから、なおさら余る傾向にあると思います。

LTEフラットとデータ定額5で1,410円割引

www.au.com

LTEフラットはスマートフォン向けの料金プランで、毎月7GBまでの通信が可能です。このプランだと1,410円の割引を受けられます。

データ定額料5,700円とLTE NETが300円、基本料金が934円(誰でも割適用)で6934円。auスマートバリューだと1,410円が割り引かれるので5,524円となります。

同じく1,410円の割引を受けられるのはデータ定額5のプラン。毎月5GBまでの通信が可能で、余ったら翌月に繰り越せます。

定額料金5,000円にLTE NETの300円、スーパーカケホの基本料金で1,700円(誰でも割適用)。月額7,000円で、auスマートバリュー適用で5,590円となります。

なかなか際どい差ですが、LTEフラットであれば通信容量が大きく、データ定額5とスーパーカケホであれば通話料が安く済むというメリットがありますね。

ネットか電話、どちらを多く使うかで選択肢が分かれます。

auピタットプラン+スーパーカケホは1,000円割引

www.au.com

auピタットプランは最近新しく追加された料金プランです。ネットの使用量に合わせて段階的に料金が変わるプランです。auスマートバリューは1,000円(通信料が1GB未満の場合は500円)の割引となります。

スーパーカケホの基本料金(誰でも割適用)が1,700円、LTE NETが300円、そこにデータ定額料が加算されます。

1ヶ月の通信料が3GB以上5GB以下の場合は、データ定額料が4,480円で合計6,480円。auスマートバリューの1,000円割引で5,480円です。

もし通信料が1GB以上2GB以下であれば合計4,480円(データ定額料は2,480円)で、auスマートバリュー適用で3,480円になります。使う量に応じて安くなるのが特徴です。

ちなみにキャンペーンのビッグニュースキャンペーンで1年間毎月1,000円割引となりますが、これは機種変更や新規契約でないと適用されませんので無視です。

毎月割が適用できない

auはスマホを購入した際に、端末代の負担軽減のために毎月割という形で月々の料金が割り引かれます。

ところが、auピタットプランの場合は毎月割が適用されないようです。

機種変更や新規契約の場合はビッグニュースキャンペーンがあるのですが、端末の分割払いが24ヶ月なのに対してキャンペーンの期間は1年。

端末代の負担が大きくなってしまいますね。いいとこだらけではないようです。

新規・機種変更したiPhoneは適用外

そもそも新規・機種変更でiPhoneを購入した場合はauピタットプランが適用できないようです。

ただし、iPhoneでも料金プラン変更でauピタットプランにすることも可能のようです。

つまり、auピタットプランがスタートした2017年7月14日よりも以前からiPhoneを所持している人であれば使えるということですね。

追記:9/22よりiPhoneも適用できるようになりました

www.okigaru-migaru.net

iPhone 8の発売に合わせて、9/22からiPhoneでもauピタットプランが適用できるようになりました。

まとめ:5GB程度使う人ならLTEフラットが無難?

各プランの料金をまとめてみますと、

  • データ定額30:8,000円
  • LTEフラット:5,524円
  • データ定額5:5,590円
  • auピタットプラン(5GB):5,480円

このような結果になりました。

auピタットプランが安くなって良いのですが、毎月割が適用されないため端末代の負担が大きくなることと、そもそもiPhoneではプラン適用外ということに注意する必要がありますね。

そういうわけでLTEフラットが最もバランスが良いように感じました。

ざっくり調べて書いた記事なので、もし間違っているところがありましたら、コメントにてご指摘ください。