読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきがるみがる

お気軽&身軽に生活・仕事・趣味を楽しむ雑記ブログです。

パンクした自転車用チューブをゴムバンドに再利用する方法

パンクしたチューブとハサミ

www.okigaru-migaru.net

こちらの記事中で自転車のパンク修理をした話をしましたが、使用済みのチューブはそのまま捨てずにゴムバンドに加工して再利用します。

『のりりん』で紹介されていたチューブ再利用方法

のりりん(5) (イブニングコミックス)

のりりん(5) (イブニングコミックス)

今回紹介するのは、鬼頭莫宏氏の漫画『のりりん⑤』で紹介されているものをそのまま実践したものです。

バルブを切断

バルブ部分を切断

バルブ部分は使わないのでカットします。捨てましょう。

チューブを切り開く

チューブを開く

これでチューブがホース状になりますので、ハサミを使って縦に切り開きます。

ウナギを調理している気分です。

チューブの内側は白い粉が満遍なく付いていますので結構手が汚れます。そのまま他の物に触れると粉が付きます。

開いたチューブを分割する

チューブを半分に切る

開いたらチューブを分割します。そのままだと大きいですからね。

ロード用のチューブなら2分割です。つまり1本のチューブから2本のゴムバンドが作れます。

マウンテンバイク用なら3分割ぐらいがいいとか。ママチャリ用だとどうでしょう? 横幅2〜3cmぐらいが目安ですね。

マーキングせずに切っていると途中で横幅がだいぶ不均等になってきます。でも極端じゃなければ気にしなくてもよさそうです。

2本のゴム紐ができました。白い粉が鬱陶しいので洗い流しましょう。

両端を結んで完成

f:id:shimehitsu14:20170414200631j:plain

あとは両端を結んで輪っかにしたら完成です。

チューブの結び目

この結び目のコブがポイントだとか。くくりつける際のストッパーになるようですね。

車体や荷物の固定などに使えます。鬼頭氏はシートクランプが折れた際の応急処置で使ったこともあるそうな。

ただし使い続けると切れやすくなるので注意とのこと。

ぶっちゃけ僕はゴムバンドを作るだけ作って使ったことがありませんw

詳細は『のりりん⑤』第39話の冒頭にて

詳細は『のりりん⑤』の第39話の冒頭で紹介されています。イラスト付きでコメントもあるので一見の価値ありですよ。

『のりりん』は全11巻出ておりまして、役に立つ自転車雑学がたくさん紹介されているのでとてもおすすめです。

最終的に打ち切りになっちゃったようですが、僕はもうちょっと老松さんの自転車談義を聞きたかった……。

のりりん(1) (イブニングコミックス)

のりりん(1) (イブニングコミックス)

のりりん(5) (イブニングコミックス)

のりりん(5) (イブニングコミックス)