おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

200記事を記念してアイキャッチボツ写真をまとめてFlickrにアップしました

気付いたら200記事書いてました。まだまだ通過点とは思いますが、だいぶ積み重なりましたねぇ。

このブログは写真ブログとしてスタートし、途中から雑記ブログに変貌を遂げました。

写真とまったく関係ない記事であっても、冒頭にスナップのボツ写真を載せることでギリギリ写真ブログであることを忘れずにやってきました。

BOTSU-PHOTO #2 | Flickr

そんなわけで101〜200記事でアップしたボツ写真をFlickrにアップしました。その数60枚で、前回と合わせてちょうど100枚となりました!

その中からベスト3を選びました。

『BOTSU-PHOTO #2』ベスト3!

第3位:お尻丸見え人形の別アングル

BOTSU074

祇園の大和大路通の1シーン。右に見えるお尻が丸見えになっている少年の人形がありますよね。

SIRI | Yamato-Ohji-Street, Kyoto-City in Japan | shimehitsu14 | Flickr

これだけを撮影した写真をアルバムに採用していたのですが、あとから見直すとボツにした写真の方が構図として良いことに気付きました。

手前の「なつかし屋」というお店の店員さんの様子と、お尻の人形が置かれているお店の奥に見える女の人の人形と、見ればみるほど発見のある写真です。

第2位:京都駅前のスクランブル交差点

BOTSU094

京都駅前のスクランブル交差点で撮った写真です。

SCRAMBLE | Shiokoji-Street, Kyoto-City in Japan | shimehitsu14 | Flickr

この写真も同じシーンで何枚か撮って、別の写真を本採用していました。

傾いている方がスナップっぽくて良いなぁと思って選びましたが、ボツ写真の方が人の影の伸び方とかが良いですね。

第1位:ショーウィンドウの向こうのマネキン

BOTSU068

スナップ写真家・森山大道氏はショーウィンドウが魅力的であると何かに書いていました。

確かにショーウィンドウの向こう側には様々な思惑があります。広告的な効果もありますし、人の欲を満たす何かが必ずあります。ガラスを1枚隔てているだけで手が届きそうで届かないもどかしさを感じます。

それにショーウィンドウの向こうに見える景色は恒久ではありません。シーズンはもちろん、時代の流行を反映させた意味のある写真にもなり得ます。

編集後記:写真はボツにしても改めて見るべし

今回の選定基準として、別のアングルで撮った写真を採用したものの、改めて見たら「こっちの方が良いな」と思えた写真を優先させました。

ボツという評価を下したとしても、時間を置いてもう一度見たら「あ、これいいな」と思えることもあるんですね。

だから失敗写真も消してはいけませんし、ボツをボツのままお蔵入りするのはもったいないです。

たまには撮った写真を振り返る時間があると、スナップ写真はますます楽しいものになると思いますよ!

では、次回のボツ写真集は300記事の時にまた。