おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

カメラのキタムラ一斉閉店! 理由はスマホが売れなくなったから?

f:id:shimehitsu14:20170118204402j:plain

錦市場にある魚屋さんの商品。

これだけ所狭しと陳列されて、手書きのポップが並べられていたら迫力ありますよね。

もうちょっと何かアクセントがあれば良い写真だったのになぁと思います。構図の取り方ですね〜。


さて、今日は更新をお休みする予定だったのですが、こんなニュースが飛び込んできました。

www.sankei.com

カメラのキタムラが少なくとも22店舗を一斉閉店することを決めたそうです。

このブログでは写真やデジカメについて書いているだけに、ただでは見過ごせませんので少し意見をば。

カメラではなくスマホの売上不振?

僕が住む京都の店舗は閉店しないようですが、この調子だと第2波、第3波もありそうですね。

キタムラはデジカメで撮った写真をプリントアウトするのに時々使ってますから、可能な限り生き残ってほしいところです。

スマホのカメラ機能が格段に良くなった一方で、デジカメが売れなくなってきているらしいので、

「あ~、カメラ売れないもんねぇ……」

と思いながらニュース記事を読んでいると、なんと直接の原因はスマホの「実質0円」禁止による売上不振とのこと。なんじゃそりゃ~!

デジカメ不振→スマホ不振→閉店

デジタルカメラやスマホなどのハード部門は落ち込みが特に大きかった。スマホのカメラ性能が向上したことでデジカメの需要が減少したことや、総務省が昨年3月、スマホ端末の「実質0円」を禁じる指針を策定し、新規契約が減少したことが影響した。

どうやら、スマホのせいでデジカメか売れなくなったから、スマホを商品として取り扱ったものの、規制によってスマホも売れなかった、という流れのようです。

カメラのキタムラでスマホなんて取り扱ってたかなぁ、と思いましたが、そういえばiPhoneの修理受付とかやってましたね。

最近スマホはどこにでも売ってますもんね。クルマのディーラーですら取り扱ってたりしますし。

これらのハード部門は仕入れ値が大きい分、売れ残って在庫を抱えると苦しいでしょう。特にスマホなんて機種の流行り廃りが早いので、発売してすぐ売り切らないといけませんから。

それにしても、超人気機種の在庫を求めて訪れるのはわかるのですが、スマホを買いにカメラのキタムラに行こうとは思わないですね……。カメラ屋さんですし。

カメラのキタムラで取り扱っている商品

カメラのキタムラでは、カメラや写真の事業として、これらの商品やサービスを取り扱っています。

  • カメラ(店舗によっては中古も)
  • カメラ、写真用品
  • フィルムの現像、ネガやデジタルデータのプリントアウト
  • 証明写真やスタジオマリオによる撮影

現像やプリントアウトのサービスはお任せしやすいですし、やっぱり専門の人と機材が揃っているので品質良いですよ、たぶん(比べたことがないからわからない)

子どものイベントで家族写真撮る人はいるでしょうし、就職活動で履歴書に貼る写真を撮ったりと需要はあるはずです。

写真屋さんは無いと困る!

やっぱり写真屋さんは無いと困りますね。カメラ好きとしてこのニュースは見過ごせなかったのですが、閉店で困る人は大勢いるのではないでしょうか。

近所に個人でやってる写真屋さんがあればいいのですが、大企業の店舗が閉店に追い込まれるぐらいですから、自営の人も苦しいでしょう。

デジカメもプロ機材が簡単に手に入るようになって、プロとアマチュアの境が無くなったように思えますが、やはりプロの腕は確かですし信頼できます。写真屋さんが絶滅するのは嫌ですね。

おわりに

デジカメやスマホが売れなくても、カメラや写真に関するサービスに着目したらカメラのキタムラはかなり良い店です。

スマホに浮気なんかしないで、そういうところを伸ばしていったらなぁ……。とは思うのですが、経営はそれだけ難しいのでしょう。

スマホにデジカメの市場のみならず、お店まで潰されるところです。なんとか活気のあるお店づくりを頑張ってもらいたいですね!