おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

キヤノン PowerShot G7 Xシリーズに対して思っていること

ソニーのRX100シリーズのライバルといえばキヤノンのPowerShot G7 Xシリーズでしょう。

焦点距離やEVFなどお互いに無いところを補っており、1型センサーコンデジの2台巨頭の1つと言っていいでしょう。

PowerShot G7 XシリーズとRX100シリーズとの差違

焦点距離が長い

ソニーのRX100 M3が24-70mm F1.8-2.8なのに対し、キヤノンのPowerShot G7 X MarkIIは24-100mm F1.8-2.8と焦点距離が長いです。

それでいてテレ端の開放F値を見る限り、PowerShot G7 Xシリーズの方が相対的に明るく撮れそうです。

ブツ撮りなどをする場合、100mm前後で撮る方が歪みが少なく正確に撮ることが可能です。撮れる構図的にはPowerShot G7 Xシリーズの方に軍配が上がりそうです。

露出補正ダイヤルがある

軍艦部分に露出補正ダイヤルがあるのはとても好印象です。

露出補正はとても重要です。いかにカメラの設定が自動化されてきていても露出補正の機能が無くならないわけですから。

実際僕も露出補正はかなり使いますが、すぐに設定できる位置にあるのは良いですね。

RX100シリーズだと、背面の露出補正ボタンを押してからでないと設定できなさそうですし。

レンズリングの操作性を変更可能

PowerShot G7 X MarkIIであれば、レンズリングはレバー1つでヌルヌル回るモードとカチカチ回るモードを切り替えられます。

ズームやピントの切り替えをする場合はヌルヌル回ってくれる方がいいのですが、F値やシャッター速度などであればカチカチとクリック感がある方が操作しやすいです。

どこまでこのレンズリングを活用するかにもよりますが、無いよりかはあった方がいいですからね。

EVFがない

RX100シリーズはM3以降ポップアップ式のEVFが備わった一方、PowerShot G7 XシリーズはEVFがありませんね。ここが1番大きい差だと思います。

コンデジだと背面液晶でたいてい事が足りてしまうのですが、やっぱりEVFがあると撮影が違いますね。

ボディサイズが大きい

PowerShot G7 X MarkIIから液晶が180°回転に加えて上下90°チルトが可能になりました。

ただ、その分ボディサイズが大きくなってしまったように感じます。

これだけの機能を詰め込んでこのサイズなら全然OKなのですが、RX100シリーズの方がかなりコンパクトに感じてしまいます。

キヤノン派なら間違いない

あとはキヤノンは宗教なんですよね。しかもニコンorキヤノンの2択。

僕はかつてニコンのカメラを使っていました。リコーやパナソニックのカメラは抵抗なく使えるのですが、キヤノンは何故か買ってはいけない気がするんですよね。

別にキヤノンが嫌いなわけではないのですが、元々ニコンを使っていたのから宗旨変えするみたいに感じちゃうんですよ。

とりあえずキヤノンユーザーならPowerShot G7 Xシリーズを選んで間違いないと思いますよ。コンデジにマウント縛りなんてないのですがね。