おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

スマホの競馬ゲーム ダービーストーリーズが配信されたのでプレイしてみた!

ダービーストーリーズ

スマホの競馬ゲーム ダービーストーリーズが配信されました。

www.youtube.com

実況音声をラジオNIKKEI 中野雷太アナウンサーが担当しているということで、とても興味があったゲームです。

とりあえずチュートリアルをプレイしてみました。

ダービーストーリーズのチュートリアルをプレイ

プロローグ(2002年の日本ダービー)からスタート

ゲームを開始すると2002年の回想から始まります。

プレイヤーの祖父の所有馬 ダービーストーリーが日本ダービーに出走するというシーンです。

お、鞍上は武豊ですね。2002年のダービーといえば……

タニノギムレットですね。2002年のダービー馬で後の牝馬でダービー制覇したウオッカの父であり、そのウオッカと怪物フランケルの仔であるタニノフランケルが今年デビューしましたね。

史実では武豊が鞍上でしたが蛯名正義になってます。武豊の同期で、長いキャリアの中でまだダービーは未勝利です。

レースが始まります。ファンファーレは架空ですね。なんというかフジテレビっぽいCGです。

レース映像は結構綺麗ですね。リアリティを追求しております。

見事勝ちました。蛯名はタニノギムレットに乗っても勝てなかったか……。

騎手のアイコンはなんと実写です。ルメールやデムーロもいます。デュランとかタラッリじゃないです。

こんな感じでプロローグは終了。

プレイヤー情報を入れてゲーム開始

さて、プロローグの回想が終わり、プレイヤー情報を入れていきます。プレイヤー名はイコール牧場名になります。

ナビゲーターの女の子、ぶっちゃけあんまりかわいくない……。

一方、ウイスタの秘書ちゃん。超かわいい。

勝負服も決めます。レース映像で見たらダサかったのであとから変更しました。

で、ストーリーが進んでいきます。15年前にダービーストーリーという馬でダービーを制した牧場、その生産者の孫がプレイヤーで、少し衰退しつつある牧場を再興していこうという物語のようです。

初めての生産

ではサラブレッドの生産をしていきます。どうやら繁殖牝馬がいない状態なので、牝馬を1頭引退させるという作業から始まります。

マロンドーナツという架空馬を繁殖入りさせます。ちなみにダビストを制作しているのはドーナツという会社です。

そして種牡馬は……

出ました! ガチャです!

ガチャで種牡馬が手に入る、というよりは種付けができる株券がもらえるという仕様です。いわゆるシンジゲートってやつですかね?

ウイスタは一定回数種付けに使ったら種切れするというよくわからん世界観だったので、そのへんは評価できます。

シンボリクリスエスが出ました。ダービーでは2着、2年連続で天皇賞(秋)と有馬記念をそれぞれ制した名馬ですね。

www.youtube.com

特に引退レースとなった有馬記念では2着のリンカーンを9馬身差ぶっちぎっての圧勝劇でした。参考としてオルフェーヴルの引退レースは8馬身です。

配合の画面。簡単なコメントしか出ませんし、配合評価みたいなのが出てくれればやりやすいのですが……。

生まれました。名前を決めるのですが、こういうのはたいてい父母の名前を由来とするか、おまかせで適当にしちゃいますね。

調教からレース

では調教を始めます。このへんはどのゲームも同じようなシステムですね。

調教時の映像がなかなか良いですね。

ウイスタは出走レースを決定→そのレースに向けて調教って感じでしたが、調教してその後に直近のレースに出走決定って感じです。

あらかじめ何のレースがいつ行われるのかを知っていないとやりにくいかもしれませんね。

チュートリアルでは特別に武豊に乗ってもらえますが、本来は名手に乗ってもらうにはチケットが必要です。

新馬戦を勝利しましてこれにてチュートリアル終了です。

チュートリアルを終えての評価

チュートリアルを一通り終えまして、僕個人の見解としましてはこれ以上はプレイしないかな……^^;

スマホの競馬ゲームってシステムが似たり寄ったりになっちゃいがちですね。容量的にも制限はあるでしょうから仕方がないのでしょうが。

あとは好みって感じなのでしょうが、それだったら僕はウイスタを選びますね。1頭の馬を入級させて、出走レース決定→入厩というシンプルな流れで短期的に集中できる仕様でしたから。

ダビストは時系列があるがゆえに、リアリティはあるのですがスマホという制限の多い機器では気を配らないと面が多過ぎる気がします。調教はもちろん、幼駒セールや種付けなどのイベントも把握しておかなければなりません。

ある意味上級者向けなのかもしれません。中野雷太アナの実況音声目当てということはグリーンチャンネル視聴者=上級者なのかもしれませんがw

あとやっぱりグラフィックとかキャラクターの立ち絵ですかね。レース映像は綺麗なのですが、微妙に馬の表情が怖いw 立ち絵に関しては上記で書いた通りです。

競馬ゲームに関しては新興の会社なので、今後どのようなアップデートやイベントがあるかで評価は変わるかもしれませんね。配信当日にプレイした感想ですから、まだまだ馬が完成してない状態。これからに期待しましょう!