おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

手数料が高いので純金積立を中止します

1月から住信SBIネット銀行のMr.純金積立をスタートしたばかりですが注文を中止しました。

理由はやはり手数料が高いということですね。千円あたり25円がかかります。他の会社と比較すると安い方なのでしょうが、投資金額に対して2.5%が確実なコストということは大きな足かせです。

金はローリスクではあるものの、その分利益を多く得られる商品ではありません。さらに購入手数料以外にもスプレッド(買値よりも売値のほうが安い)もあるのでコストばかりがかかります。また、預金と違って長期保有しても増えません。

利益追求ならば他の資産の方が良いですね。リスクヘッジとして保有するのは良いのですが、それならばETFの方がローコストで安全かと思われます。

純金積立を中止した分はつみたてNISAへ

2月は既に5千円分注文が済んでいますので、3月から積立が中止となります。

この浮いた月々5千円の投資をつみたてNISAの方へ回そうと思います。つみたてNISAは毎月2万円の積立予定でしたが、これを2万5000円に増やします。

  • 日本株:3千円
  • 先進国株:1万2000円
  • 新興国株:1万円

これを12ヶ月で30万円。さらにリバランスに10万円を使用してちょうど投資枠いっぱいの40万円の積立予定にしようと思います。

これまではつみたてNISAの枠を余らせる予定でしたが、これももったいないなと思ってモヤモヤしていたところだったのです。

つみたてNISA以外の投資

つみたてNISA以外の投資としましては、まず特定口座での個人向け国債(変動10)は変わらず年間8万円を投資します。

あと外貨預金も変わらず1年ものの定期預金を、

  • 米ドル:3千円
  • 豪ドル:3千円
  • NZドル:2千円
  • 南アランド:2千円

の合計1万円を投資します。これで年間で合計12万円。

つみたてNISAが40万円、個人向け国債が8万円、外貨定期預金が12万円で合計60万円。キリがよくて良いですね。

外貨定期預金からFXに変更する?

実は外貨定期預金についてもこのままいくべきか考えています。手数料や預金保護のことを考えるとFXでレバレッジをかけずに運用する方が、ローコスト且つローリスクかもしれません。

FXでは為替差益を狙うのがスタンダードですが、スワップポイントで稼ぐという手もあります。これなら外貨定期預金より流動性を保ちながら高金利が得られそうです。

もちろんリスクはありますので生半可な気持ちでは挑めません。FXはまだまだ知らないことばかりなので、もし手を出すならもう少し勉強してからですね。