おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

iMacでBluetoothの接続を切ると詰む可能性がある件

iMacにはBluetooth接続のマウスとキーボードが付属しています。

ワイヤレス環境はとても快適ですが、間違ってBluetooth接続を切ってしまうと詰む可能性があるというお話です。

Bluetoothをオフにしてしまった場合、有線マウスとキーボードを買ってくるしか解決策はなさそうです。

iMacでBluetoothを切って困った体験談

2ヶ月ぐらい前の話で一部記憶がおぼろげなところもありますが、とりあえず困った話です。

僕は2013年製のiMacを使っていて、ロジクールのワイヤレストラックボールと付属していた純正のキーボードを使っています。

Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A

Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A

どちらかまでは忘れてしまいましたが、誤作動が起こりました。トラックボールやキーボード側をいろいろ触ってみるもスッキリ解消せず。

そこで受信側が悪いのかと思い、Bluetoothの接続を切ってしまったのです。

「Bluetoothをオフにする」という選択肢がありますよね。

これでいったんオフにして再度入れ直したらスッキリ直るかな〜と思ったわけです。

というわけでオフ! そして……あれ、動かない。

そこで気付きました。トラックボールもキーボードもBluetoothで繋がっていたからオフにしたら動くわけないwwwwww完全な片道キップでした。

困ったことに持っているマウスもテンキーも全部Bluetoothでしか接続できません。ロジクールのトラックボールはUSB受信機でWi-Fi接続可能なのですが、ソフトを入れないと動かない模様。

iMacについているボタンといえば電源ボタンのみ……。電源のオン/オフしかできなくなってしまいました。再起動してもBluetoothはオフのまま。完全に詰みました。

これがもしMacBookであればキーボードと内臓のトラックパッドが使えますし何の問題も起きません。これはiMacゆえの弊害です。

せめて「このままオフにしたら操作できなくなるよ?」という警告メッセージぐらいは出してほしいもんですな。

解決策:有線マウスとキーボードを買いに行く

この解決策はただ1つ。有線のマウスとキーボードを買いに行くことです。そういうわけで開店時間と同時に家電量販店に行きました。

お店に並んでいる有線キーボードはたいていWindows用ばかりですが、ログインしてBluetoothをオンにするぐらいなら全然問題ありません。

むしろ低コストで済ますならテンキーだけでもいけるのではないかと思いましたが、それで無理ならもう1回キーボードを買いに来ないといけませんからね。今後も似たようなトラブルがあるかもしれませんのでキーボードを買いました。

iMacユーザーは有線マウスとキーボードを念のため用意しておきましょう

iMacに物理的なBluetoothオン/オフのスイッチがあればいいのですが、無い物ねだりはできませんよね。

そういうわけで、普段はワイヤレスで使っているiMacユーザーの皆さまは安いものでいいので有線のマウスとキーボードを用意しておきましょう。

iBUFFALO USB接続 有線スタンダードキーボード ブラック BSKBU18BK/N

iBUFFALO USB接続 有線スタンダードキーボード ブラック BSKBU18BK/N

iBUFFALO 光学式有線マウス USB接続 Lサイズ 白箱 RoHS対応 ライトグレー BOMULLGA

iBUFFALO 光学式有線マウス USB接続 Lサイズ 白箱 RoHS対応 ライトグレー BOMULLGA

このへんとか安くていいんじゃないですか。バッファロー製なので不安要素も少ないです。予備で置いておけばいつか役に立ってくれるでしょう。

あるいはキーボードだけは有線タイプにするとかですかね。キーボードさえ動けばたいていの操作はできますし。

純正のワイヤレスキーボードはテンキーついてませんし、電池交換がめんどくさいですよね。電池蓋をコインで開ける仕様は見直した方がいいと思います。

Apple Keyboard テンキー付き -JIS MB110J/B

Apple Keyboard テンキー付き -JIS MB110J/B