おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

介護福祉士国家試験に合格して登録申請書が届きました

www.okigaru-migaru.net

2017年1月に行われた第29回介護福祉士国家試験を受けまして合格しました。

合格発表は3月28日でして、ネットで合格者一覧のPDFが配信されました。受験番号を探すスタイルでした。

これで晴れて介護福祉士! ってわけではなく、都道府県に登録申請をして登録証が送られてこないと介護福祉士を名乗れません。

介護福祉士登録申請書は合格発表から2日後に届いた

国家試験合格者には3月28日の発送で登録申請書が自宅に届きます。

地域によって届く日は前後するでしょうが、京都在住の僕は合格発表から2日後の3月30日に届きました。

ここからさらに登録申請書を送り、登録証が送られてくるまでに時間を要します。

可能な限り早く欲しいですよね。せめて4月中には。何せ登録証を早く提出できるか否かで4月分の給料が変わってきますから(資格手当的な意味で)

届いた封筒の中身

届いた封筒には

  • 介護福祉士国家試験結果通知書
  • 介護福祉士登録申請書類一式
  • その他案内の書類

が入っております。

国家試験結果通知書

国家試験結果通知書には合否と各科目群の得点と合計点が記されています。

介護福祉士は合計得点の6割がボーダーラインと言われており、今回も125点中75点(ちょうど6割)取れていれば合格のようです。

ちなみに僕は108点でございました。煩悩の数だけ正解しました。

登録申請に必要な書類

登録申請には、

  1. 介護福祉士登録申請書
  2. 登録免許税 9,000円の収入印紙(1の書類に貼り付け)
  3. 登録手数料振替払込受付証明書の貼付用紙
  4. 登録手数料 3,320円の振替払込受付証明書(3の書類に貼り付け)
  5. 『戸籍抄本』or『戸籍の個人事項証明書』or『本籍地を記載した住民票』

を同封されている封筒に入れて簡易書留で送る必要があります。

というか12,320円、まだ金を取るんかい! って感じですよね。

明日書類をつくって郵送します

今日はもう日が暮れてしまっていたので、明日中にすべての書類をつくって提出しようと思います。幸いにも平日ですからね。

僕が明日やるべきことは、

  1. 住民票を発行
  2. 郵便局で9,000円分の収入印紙を購入
  3. 郵便局で登録手数料 3,320円を払い込む
  4. 収入印紙と振替払込受付証明書を添付して同封
  5. 簡易書留で送る

って感じです。1は役所まで行かずとも証明書発行所があるのでそこで出しましょう。

2〜5は全部郵便局でやります。混雑してたら自重しますが、のりとペンを持参して郵便局内で作業するつもりです。

いつ登録証届くかな〜。マジで早く欲しいです(資格手当的な意味で)