おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

『僕らはみんな河合荘』下ネタだらけの青春ラブコメ

僕らはみんな河合荘(1) (ヤングキングコミックス)

僕らはみんな河合荘(1) (ヤングキングコミックス)

前々から気になっていたので『僕らはみんな河合荘』をKindleでまとめ買いして読みました。

掲載誌の『ヤングキングアワーズ』は『それでも町は廻っている』や『アオバ自転車店』シリーズで読んでいましたが、その時にちょこちょこ視界に入ってました。アニメ化もしましたからね。

高校生から河合荘(かわいそう)に下宿した宇佐くんが河合荘の住人たちとどたばたな日常を送る物語で、ヒロインの河合 律ちゃんのツンデレな感じにニヤニヤできる物語です。

よくある青春ラブコメかなぁ、と思って読み始めましたが、1巻からその考えは覆させられました。なんとギャグの9割近くが下ネタでしたw

しかも生々しい下ネタの連続で、これは絶対女子ウケしませんね。高校生以上の男子なら笑いが止まらないと思いますよ。

意外や意外、純粋な女の子なら意味すらわからなさそうな下ネタでさえも、律ちゃんは赤面してしまってます。ムッツリですなぁ、ゲヘヘ。

下ネタはさておいて、宇佐くんと律ちゃんの恋愛の進み具合を見るのが楽しい作品です。宇佐くんからは最初から矢印が出ていましたが(というかそこからストーリーが始まってる)、律ちゃんは宇佐くんに対して何の感情も、むしろ評価マイナスぐらいからでした。

しかし、徐々に関係ができあがっていくと律ちゃんが宇佐くんにヤキモチ妬いたり、一緒に居たいことを求めるんですよね。恋愛ラブコメはこうでなくっちゃですね!

単行本は9巻まで発売中です

単行本は9巻まで発売中です。

そして最新巻の9巻は150近くあるAmazonレビューの内98%星5つの評価です。

なんだこの高評価はと思って読んでみると納得でした。ぶっちゃけるとこの巻で宇佐くんと律ちゃんがくっつきます。そのシーンでみんな爆死したんでしょうね。

それでストーリーが終わるということなく現在も連載中です。律ちゃんが高校卒業するぐらいまで続くのかな?

もっと早くから読んでおいたら良かったなぁと思った作品でした。

僕らはみんな河合荘(1) (ヤングキングコミックス)

僕らはみんな河合荘(1) (ヤングキングコミックス)

僕らはみんな河合荘(9) (ヤングキングコミックス)

僕らはみんな河合荘(9) (ヤングキングコミックス)