おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

2017年の菊花賞(キセキ)を振り返る 〜ブレスジャーニーの復帰戦〜

今年の3歳牡馬はあまり優秀ではないと言われていました。

その中でも僕はブレスジャーニーという馬に期待して、新馬戦の時から応援していました。

クラシック開幕を直前に怪我をし、その復帰戦が菊花賞でした。

レースの振り返り:最も強い馬が勝つ

www.youtube.com

クラシックの中でも「最も強い馬が勝つ」と呼ばれる菊花賞。

このレースで勝った馬は、皐月賞やダービーで勝った馬より出世する傾向にあると思います。

キタサンブラックやサトノダイヤモンドもこのレースを勝って、その世代の代表馬となっています。

そういう意味で勝ったキセキは将来出世するのでしょうかね。名前がそんなに好きではありませんが……。

不良馬場でさらに雨が降りしきる中、最終的に競馬になっていない馬もいる一方で、力強い末脚を見せたわけですから期待できるかもしれませんね。

さて、応援していたブレスジャーニーはというと、直線で自慢の末脚は発揮されずに見どころもなく12着と大敗しました。怪我明けでG1は荷が重かったか。それ以前に距離が長過ぎたのか。来年はマイル戦線での活躍を期待しています。