読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきがるみがる

お気軽&身軽に生活・仕事・趣味を楽しむ雑記ブログです。

最新ミドルクラス・コンデジのスペックをまとめてみた【2017年1月時点】

今日のボツ写真は、出町桝形商店街を広めに撮った写真です。

ちょっとピントというか、コントラストが甘い気がしますが、これはこれで良いですね。

幟が商店街を賑やかな雰囲気を醸し出しています。ボツにした写真もあとから見直せば良い感じに見えることがありますね。


www.okigaru-migaru.net

高級コンデジについて書いた記事が思いの外バズりました。はてブもいっぱい付けてもらい恐縮です><

一昨日の夜9時にアップして日が変わるまでに249件、そして昨日は1594件のアクセスがありました。励みになるわ〜!

ただ、カメラを選ぶ際に必要そうなスペックを独断と偏見でピックアップして自分の感想を言っただけなので何だか申し訳ないw

僕はデジイチを売り払ってコンデジオンリーに悟りを開いた人間なので、コンデジにはこだわりたいです。

そういうわけで高級コンデジに引き続き、ミドルクラスコンデジについてもまとめました。だいたい3〜5万円前後で買えるコンデジです。

言っておきますけど、高級コンデジの記事でアクセス増えたからって味を占めたわけじゃないですよw

選定機種の一覧

  • Nikon COOLPIX A900
  • SONY Cyber-shot HX90V
  • Panasonic LUMIX TZ85
  • OLYMPUS STYLUS SH-3
  • Canon PowerShot SX720 HS
  • CASIO EXLIM EX-100F

選んだのはこの6台。1/2.3型や1/1.7型センサーのラインアップで1番ハイスペックなコンデジを選びました。

ネオ一眼と呼ばれる、レンズがかなり大きくて一見デジイチにクリソツなコンデジもありますが、全然コンパクトじゃないので除外しています。

僕が追い求めるのは軽量コンパクト。この絶対条件をクリアしないとお気軽スナップは成立しません。そこんとこよろしくです。

スペック一覧

項目 スペック
センサー 撮像素子の大きさ
画素数 有効画素数
レンズ 焦点距離(35mm判換算)と開放F値
最短撮影距離 マクロ撮影時の最短撮影距離
シャッター速度(メカ) バルブの有無は省略
シャッター速度(電子) 設定条件の有無は省略
ISO値 設定条件の有無は省略
手ブレ補正 光学式を基準とする
RAW撮影 RAWで撮影できるか
サイズ 幅×高×奥
重量 バッテリーや記録媒体を含む
液晶モニター チルト可動、タッチパネルについて
ファインダー 有無と視野率
価格 Amazonで2017年1月末時点のデータ

高級コンデジの時とほとんど同じスペックについてまとめていますが、2点ほど新たに補足しておく必要があります。

まずシャッター速度とISO値についてですが、モードや設定次第で数値の幅が結構異なる機種が多かったです。

これは高級コンデジも同様だったのですが、このミドルクラスのコンデジはさらに複雑でした。一般的な撮影モードでの数値を参考にして簡単にまとめましたが、詳細は是非ともメーカーの公式サイトでご確認ください。

あと高級コンデジにはなかったRAW撮影の有無について記載しています。高級コンデジはRAW撮影の搭載が普通だったので省略していました。「RAWで編集したいんや!」って人は要チェックです。

そして特筆すべき点は太字、マイナス点は赤字で表示しております。

2/28追記

各カメラの表において、「内蔵フラッシュが天井バウンスできるか否か」を表記しておりましたが、一部のカメラで天井バウンス不可能なカメラを天井バウンス可能と表記しておりました。

対象のカメラはSONY Cyber-shot HX90V、Canon PowerShot SX720 HSの2点です。

また、これに伴い店頭の展示品を用いて調査をしましたが、OLYMPUS STYLUS SH-3の1点は確認ができませんでした。

内蔵フラッシュの天井バウンスに関する項目を削除し、天井バウンス可能と確認を取れているカメラについてのみ、説明欄に記載しております。

調査不足の結果によるものです。誤解を与えてしまい、申し訳ございませんでした。

Nikon COOLPIX A900

項目 スペック
センサー ½.3型
画素数 2,029万画素
レンズ 24-840mm F/3.4-6.9
最短撮影距離 1cm
シャッター速度(メカ) 電子シャッターとの併用
シャッター速度(電子) 8 - 1/2000秒
ISO値 80 - 3200
手ブレ補正 光学式+電子式
RAW撮影 なし
サイズ 113 × 66.5 × 39.9mm
重量 299g
液晶モニター チルト(上180度・下90度撮影時視野率98%
ファインダー なし
価格 34,790円

ニコンのCOOLPIXは最近ネオ一眼方向に力を入れているようで、そんな中でスリムなコンデジとしてCOOLPIX A900を発売しました。今回取り上げているコンデジの中では比較的新しいんじゃないかな?

½.3型センサーの強みを活かした高倍率と、最短撮影距離1cmの強力なマクロが特徴的です。

液晶モニターは下が90度まで可動します。下向きチルトは45〜55度ぐらいを採用しているカメラが多い中で、これはズバ抜けています。肩が外れそうなぐらいのハイアングルができますね。

ただ、その液晶の視野率が98%なのはちょっと残念。モニターの視野率については特に言及するつもりなかったのですが、はっきりと明記してある以上見過ごせません。再生時は100%のようですがね。

また、シャッター速度が電子シャッターと併用と書かれていますが、最速1/2000秒はちと遅くないですかね? 実機で確かめる必要があるかもですが、もう少し速いシャッター速度に設定できてもいいのですが……。

まぁレンズ自体がそんなに明るくないので、速いシャッター速度は必要ないかもしれませんがね。

ポップアップする内蔵フラッシュは天井バウンス可能なので、表現の幅が広がりますね。

【参考リンク】

SONY Cyber-shot HX90V

項目 スペック
センサー ½.3型
画素数 1,820万画素
レンズ 25-750mm F3.5-6.4
最短撮影距離 5cm
シャッター速度(メカ) 30 -1/2000秒
シャッター速度(電子) なし
ISO値 80 - 3200
手ブレ補正 光学式
RAW撮影 不可
サイズ 102.0 × 58.1 × 35.5mm
重量 245g
液晶モニター チルト(上180度)
ファインダー 0.2型 EVF(視野率100%)
価格 47,600円

ソニーのCyver-shot HX90Vは、大人気高級コンデジRX100M3のスピリットを引き継いだコンデジです。

RX100M3と同じように、ポップアップ式のEVFが搭載されています。このファインダー収納術にはすごく感心しています。この機能を最初に知った時は「ソニーやるなぁ!」と思いましたよ。ギミックもおもしろいしね〜。

今回取り上げているコンデジの中でも圧倒的に小さくて軽いです。チルトは上180度のみとセルフィーとローアングル専用ですが、EVFがあるから良しとしましょう。

ただ、マクロが圧倒的に弱いです。1/2.3型センサーで5cmじゃちょっと物足りないです。1型センサーでも5cmはざらですからねぇ。

【参考リンク】

Panasonic LUMIX TZ85

項目 スペック
センサー ½.3型
画素数 1,810万画素
レンズ 24-720mm F/3.3-6.4
最短撮影距離 3cm
シャッター速度(メカ) 4 - 1/2000秒
シャッター速度(電子) 1 - 1/16000秒
ISO値 80 - 6000
手ブレ補正 光学式
RAW撮影 可能
サイズ 112.0 × 64.0 × 38.0mm
重量 282g
液晶モニター タッチパネル
ファインダー 0.2型 EVF(視野率100%)
価格 39,980円

パナソニックのLUMIX TZ85。TZは「Travel Zoom」の略だそうです。旅行に最適なズームを実現してるんですね。ちなみに同社の高級コンデジLUMIX TX1の海外ではTZ100として売られています。

ただ、30倍ズームはこの取り上げているコンデジの中で見ればそんなに目立ったスペックではありませんね。小さいセンサーならではの勝負どころはズーム域でしょうから。

モニターは固定式ながらタッチパネルですし、EVFも搭載しています。パナソニックらしいカメラですね。

JPEG以外にRAWで撮影できますから、あとから補正をかけることもできますね。

電子シャッターのおかげで速いシャッター速度でも撮影が可能です。ここまで速い設定をするかはわかりませんが、他と比べて選択肢が多いのは良いことです。

【参考リンク】

OLYMPUS STYLUS SH-3

項目 スペック
センサー ½.3型
画素数 1,600万画素
レンズ 25-600mm F/3.0-6.9
最短撮影距離 3cm
シャッター速度(メカ) ¼ - 1/2000秒
シャッター速度(電子) なし
ISO値 125 - 6400
手ブレ補正 光学式
RAW撮影 可能
サイズ 108.8 × 63.2 × 42.4mm
重量 271g
液晶モニター タッチパネル
ファインダー なし
価格 34,000円

オリンパスのSTYLUS SH-3は、タッチパネル、RAW撮影可能な点がメリットですが、LUMIX TZ85とキャラ被ってますねぇ^^;

焦点距離も短いし、EVFと電子シャッターもありません。重量は軽いと言っても微々たる差。オリンパスは顕微鏡のメーカーですからマクロももうちょっと頑張ってほしかったな〜。

でも見た目は結構好きです。どことなくクラシカルな雰囲気で可愛さがあります。宮崎あおいが広告塔になっているだけに、女の子に似合いそうなカメラです。

2年程前、僕の彼女がカメラを買う時、僕が候補を選んだのですが、そのうちの1つに入れました。それぐらい女子カメラ感が僕の中にはあります。結局買ったのはFUJIFILM XQ2でしたけどね。

もちろんダンディなメンズが持っててもかっこいいですよ! スーツのポケットからスッとこのカメラが出てきたら、見ていたガールたちはきっと濡r(ry

【参考リンク】

Canon PowerShot SX720 HS

Canon デジタルカメラ PowerShot SX720 HS ブラック 光学40倍ズーム PSSX720HSBK

Canon デジタルカメラ PowerShot SX720 HS ブラック 光学40倍ズーム PSSX720HSBK

項目 スペック
センサー ½.3型
画素数 2,030万画素
レンズ 24-960mm F/3.3-6.9
最短撮影距離 1cm
シャッター速度(メカ) 15 - 1/3200秒
シャッター速度(電子) なし
ISO値 80 - 3200
手ブレ補正 光学式
RAW撮影 なし
サイズ 109.7 × 63.8 × 35.7mm
重量 270g
液晶モニター 特徴なし
ファインダー なし
価格 29,247円

実は、今回のミドルクラスコンデジのラインアップの中で、1番見くびっていたのはキヤノンでした。

1型コンデジの情報が強すぎて、このクラスのコンデジの情報を全然知らなかったもんで、「1/2.3型はそんなに力入れてないんだな〜」と思っていましたが大きな誤解でした。

今回のラインアップの中で最もコスパが良いのはこのPowerShor SX720 HSでしょう。

まず焦点距離が24-960mmという脅威の40倍ズーム。もう少しで1000mmかよ……! マクロも1cmまで寄れます。

シャッター速度も申し分ないですし、サイズ感もこなれています。それでいてこの価格はお安いですね〜。

これだけのスペックでRAW撮影ができないのがちょっとマイナスですね。モニターが固定でEVFも無いので、ちょっと960mmを操るのはしんどそうな気がします。

【参考リンク】

CASIO EXLIM EX-100F

項目 スペック
センサー 1/1.7型
画素数 1,210万画素
レンズ 28-300mm F/2.8
最短撮影距離 5cm
シャッター速度(メカ) 電子シャッター併用
シャッター速度(電子) 15 - 1/4000秒
ISO値 80 - 25600
手ブレ補正 光学式
RAW撮影 可能
サイズ 119.9 × 67.9 × 50.5mm
重量 390g
液晶モニター チルト(上180度・下55度)
ファインダー なし
価格 54,485円

このカメラだけはちょっと土俵が違うと言うか、おまけ程度に見てもらえたらと思います。カシオのEXLIM EX-100Fです。

カシオはカメラメーカーの中でもかなり影が薄いですが、ちゃんと作ってますよ。

少し前まで高級コンデジの代名詞だった1/1.7型センサーを搭載しています。最近めっきり見なくなりましたね〜。現行のコンデジだと僕が知る限り、このカメラとオリンパスのSTYLUS 1sぐらいですわ。

描写力の高い1型と、ズームの倍率を大きくできる1/2.3型と比べれば中途半端なんでしょうね。

このカメラ、28-300mmと便利なズーム域に加えて、全域でF値2.8で撮影することができます。テレ端でサンニッパが実現できますね!

レンズのスペックが魅力的なだけにお値段が結構しますね。そして結構図体がデカくて重量もあるんですわ。

スナップ用のコンデジとしてはあまりおすすめしませんが、ちょっとおもしろいコンデジだな〜と思い紹介致しました。

【参考リンク】

おわりに

このミドルクラスコンデジは、今までデジカメを持っていなかった人が「ちょっと良いカメラを買って本格的に写真始めてみよっかな?」にちょうど良いカメラだと思います。

今人気なのは高級コンデジですけどいかんせん高過ぎます。かと言って1番安いコンデジでは所有欲を満たしません。ミドルクラスコンデジはコスパもカメラへの愛着もちょうど良いんです。

あとデジイチユーザーのサブ機とかにもちょうどいいかもしれませんよ。画質に満足できるかが肝ですが、軽快にこれだけの画角をカバーできるカメラはとても便利ですから。