おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

クレジットの利用残高の管理はマネーフォワードが便利

moneyforward.com

クレジットカードは現金と違ってどれぐらいの金額を使用しているのかを把握しづらいです。

そこで僕はマネーフォワードを使ってクレジットの利用状況と銀行の預金残高を管理しています。

無料でも十分使えるのでおすすめですよ。

マネーフォワードとは

マネーフォワードはクラウド上で管理できる家計簿アプリ(ソフト)です。

レシートをスマホのカメラで撮るだけで家計簿が入力できるというシステムが有名なんですかね。使うまではその印象が強かったです。

ところがその機能は氷山の一角で、本領はクレジットの支払い残高の確認にありました。

クレジットの利用状況の確認

クレジットカードは現金と違って利用状況を把握するのが難しいです。

何せ現金は使った分だけ財布から出ていくのに対し、クレジットは使ってもつかっても見た目には減りません。

そうやって使い過ぎるということを恐れてクレジットカードを持たないという人もいます。

クレジットカードの有益さ

現金よりもクレジットカードを使うことの有益さは何があるでしょう。

まず、現金は誰でも使えますし、盗まれたらその時点で終了というリスクがあります。クレジットは紛失しても電話で止めることが可能です。

そしてわかりやすいメリットが使った分にポイントが付与される点です。高還元率だと1%以上のものもあります。

あと使用から1ヶ月後に銀行から引き落とされるので、その分金利がつくという面もあります。

クレジットは一括払いをしていれば利息で損することはありません。つまり使い過ぎさえ気を付ければお得なことばかりなのです。

インターネットで確認するのは結構面倒

では利用状況を把握する方法は何があるでしょう。

まず、レシートを集計する方法があります。ただしレシートはかさばりますし、ネット通販とかだとレシートがありませんので確実ではありません。これは非効率です。

最近のクレジットカードはインターネットのマイページから利用明細や最近の利用を確認することができます。

これをチェックするのが確実ですが、すぐには反映されませんし、複数枚カードを持っているとページの移動やIDとパスワードの管理が面倒です。

複数のカードの利用状況を1ヶ所にまとめられないか、という要望があれば、マネーフォワードが便利です。

マネーフォワードに金融口座を登録する

マネーフォワードにはネット銀行や、ネット証券、そしてクレジットカード会社など使用している口座を登録することができます。

登録しておけば更新ボタンをクリックするだけで資産やカードの利用状況を自動的に家計簿に反映してくれます。

さらに入出金の明細から費目も予測して勝手に入力してくれます。

つまり金融機関の入出金やクレジットの利用を自動的に家計簿につけてくれるツールなのです。

マネーフォワードの使用例

百聞は一見に如かず、ということでスクリーンショットで使用例を。パソコンのブラウザで開いている画面です。

とはいっても生々しい金額が表示されているのでモザイク多めです。

こちらが口座の登録画面。ここで金融機関やクレジットカードを登録します。

それぞれに更新ボタンがあり、クリックすると最新情報を反映してくれます。

一括更新のボタンがありますが、こちらは有料会員のみのサービスとなっております。

取得した情報は家計画面のカレンダーに自動的に入力されます。

月間の収支と、いつどれだけ入出金があったかがひと目でわかります。

カレンダーの下には入出金の一覧が表示されています。

費目も自動的ですが、判別できないものは未分類にカテゴライズされたり、間違った費目に設定されることもあります。これは自分で設定できます。

1番左のチェックで計算対象とするかを選べまして、基本的にはすべて計算対象となります。

僕の場合、収入は給料とアフィリエイトによる副収入、支出はクレジットカードと銀行からの出金だけを記録したいので、定期預金の払い戻しや口座間の振替などは計算対象から除外しています。

現金は手入力で可能

現金は手入力で入れられますし、レシートを撮影することでも入力可能です。

ただ、入力するのはめんどくさいですし、そもそも現金は財布の中を見れば状況がわかりますからね。

何にどれだけ使っているかを把握したければ、表計算ソフトで自前の家計簿を用意する方がやりやすいかもしれません。

ネット銀行仕様のマネーフォワードはいらない?

www.netbk.co.jp

マネーフォワードは普通のタイプと、ネット銀行仕様のものがあります。

僕が使っている住信SBIネット銀行仕様のものもあります。

何か便利な機能がプラスされているのかと思いきや、ランク情報が表示されるぐらいで別にこれといって変わりありません。

それどころか、MFクラウドなどマネーフォワード社の他のサービスとの連携ができなかったりして、特にこだわりがなければ普通のタイプでいいでしょう。

家計簿も自動化の時代

僕はクレジットの利用状況を1つのソフトで管理するという用途で使っていますが、これからの家計簿は自動で入力されていく時代なのでしょう。

リスクをあげるとすれば、資産状況をすべてマネーフォワード社に晒してしまうということですかね。アカウントをのっとられたら大事な情報を丸ごと盗まれちゃいます。

それでも地道に家計簿につけていたものがほったらかしで記録されるのは大きなメリットです。気になる方は是非活用してみてください。

moneyforward.com