おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

MacにマイクロソフトのOffice 365 Soloをインストールしました

Microsoft Office - 家庭やビジネスで活用できるソフトウェア

前々から入れようと思っていましたが、僕のMacにMicrosoft Officeをインストールしました。

Microsoft Office for Macというパッケージ版もあるのですが、月額・年額のOffice 365 Soloの契約をしました。

最新バージョンのWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookが使用でき、VBAのマクロもプログラミングと実行が可能です。

Office 365 Soloとは

Microsoft Office 365 Solo - 最新のアプリケーションとクラウド サービス

Office 365 Soloは、Microsoft Officeの販売形態の一種です。

Microsof Officeの販売形態でよくあるのは、価格に上乗せしてパソコンにプレインストールされているパターン、あとはインストールディスクとライセンスをパッケージして売られているパターンです。これらは永続ライセンスといって、いずれも1回の支払いで永遠に使えます。

しかし、Office 365はライセンスを月額、あるいは年間使用料を支払って使用します。つまりプレインストールやパッケージ版とは異なりOffice 365のライセンスは期限付きで、使い続けるにはお金を払い続ける必要があります。

Office 365の方が安く使える?

Office 365 Soloは年間12,744円なのに対し、永続ライセンスのパッケージ版(Home & Business)は37,584円です。

パッケージ版を買うお金でOffice 365 Soloを3年近く使える計算です。逆に言えばパッケージ版は3年で減価償却されるわけですね。

パッケージ版は3年以上使わないと損するのに対し、Office 365 Soloは使わなくなったら更新せずに契約を終了すればOK。一時的に必要なのであれば1ヶ月だけ使用するということも可能です。

それにMicrosoft Officeは3年毎にメジャーアップデートされます。最新のソフトを使おうと思うとパッケージ版が買い直しなのに対し、Office 365 Soloであれば最新のソフトに無料で更新が可能です。

今後こうしたソフトウェアはライセンスだけを売って、月額や年間使用料によるサブスクリプションの販売形態が主流になっていくでしょう。高速回線が一般的になってきた昨今ではダウンロード形式やクラウドタイプでも問題ありませんからね。

SoloとBusinessの違い

個人向けのOffice 365 Soloに対して、法人向けでOffice 365 Businessがあります。Businessは法人向けではあるものの個人使用も可能なようです。

違いとしましては、まず1人あたりインストールできる端末がSoloが2台なのに対しBusinessは5台です。パソコン、スマホ、タブレット1台ずつで使うならSoloでは足りませんね。

使用できるソフト的にもSoloにはSkype通話が1時間無料になるぐらい他に差はありません(以前まではAccessを使おうと思うとSoloしか選択肢はありませんでしたが、Businessでも使えるようになりました)

それでいて価格はSoloが1年間で12,744円、Businessが年間11,664円(月額900円×12×消費税1.08)とBusinessの方が安いんですよね。

Amazonで買うならSoloの方がお得!

Office 365 Soloはマイクロソフト公式以外でもライセンスが購入できまして、Amazonで買うと割引が適用されます。

その価格は11,581円で、Businessの11,664円よりも安いです! しかもクレジットカード次第ではAmazonでの買い物でポイント率が高くなる場合もあるのでお得です。

10月31日までは3,000円キャッシュバック!

Office 365 Solo キャッシュバック キャンペーン - 楽しもう Office

期間限定で、しかもギリギリもいいところなのですが、キャッシュバックキャンペーンもやっております。

Office 2007の延長サポートが終了したため、最新ソフトへの移行促進のためか2017年10月10日から10月31日までの間にOffice 365 Soloのライセンスを購入したら3,000円キャッシュバックされます。

正直言うと僕はこのキャンペーンを見てOffice 365 Soloの購入を決定しました。この記事を書いた時点で残り数日ですがこのチャンスをお見逃しなく!

ちなみにAmazonで買ってもキャンペーン対象ですのでご安心を。

Macにインストール

そういうわけでMacにインストールしました。Windowsバージョンと違って、AccessとPublisherは使えません。

Accessは少し勉強に使ってみたかったのですが、まぁ個人的に使う機会はほとんどないでしょうしね。

Wordを起動してみました。うん、お馴染みのやつですね。縦書きレイアウトもできるので論文を書く学生には必須ですね(学科によっては横書きでしょうが)

そしてExcel。これがメインです。表計算ソフトはいろいろあれど、Excelが圧倒的に使えますね。

何よりVBAでマクロを組めるのが強い! この機能があるからこそビジネスシーンではMicrosoft Officeが君臨し続ける理由だと思います。少しでも覚えると超便利ですよ、VBA。プログラミングの基礎を覚えるのにもおすすめ。

これのライバルとなり得そうなのはGoogle スプレッドシートかな? Google Apps Scriptでプログラミングできるので、VBAマクロに近いこと、むしろそれ以上のことができそうです。

ただ、Google スプレッドシートはフリーウェアゆえに制約や突然の仕様変更のリスクがありますから、まだExcelの方が頭飛び抜けてるかな〜という印象でございます。

オフィスソフトを使ってクラウドソーシングをやってみたい

今回Office 365 Soloを導入した1番のキッカケはクラウドソーシングです。

新生活とこのブログの活動が落ち着いてきたらクラウドソーシングでお小遣いを稼ぎたいな〜と目論んでいたのです。

クラウドソーシングの仕事にはWordやExcelで提出するものも多く、Microsoft Officeの環境は基本のようです。

無料ならばOffice Onlineという手もありましたがVBAが使えませんので、やはり投資は必要なようですね。

ランサーズで仕事を受けようといくつか申し込んでみましたが落選しまくりです。シュフティぐらい敷居が低いところから始めた方がいいのかしら……と思う今日このごろです。

クラウドソーシングについてもいずれ記事に書こうと思います。