おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

ニコンプラザでカメラとレンズの1日お試しサービスが始まるそうです

今日のアイキャッチボツ写真は、木屋町通にある雑居ビルです。

薄暗い雑居ビルって何だか惹かれるものがありますよね。

ちょっと構図がイマイチなのと、奥の暗がりがスカッと見えていればおもしろい写真になったかと思います。


ニコンが「カメラ&レンズお試しサービス」という新しい試みを始めるようです。

ニコンプラザ新宿・名古屋・大阪で、1日だけ機材を自由に持ち出して試せるというサービスです。

その料金体系や機材ラインアップについてコメントを書いてみます。

カメラ&レンズお試しサービスの詳細

dc.watch.impress.co.jp

株式会社ニコンイメージングジャパンは「カメラ&レンズお試しサービス」を、5月6日からニコンプラザ新宿、ニコンプラザ名古屋、ニコンプラザ大阪で開始する。

カメラおよびレンズの購入を検討している顧客を対象にした試用サービス。当日限定で持ち出しての使用が可能。

サービス利用後3カ月以内にニコンのデジタル一眼レフカメラまたは、NIKKORレンズを購入するとサービス利用料の税込1,000円(延滞料は対象外)をキャッシュバックする。

電話または窓口での事前予約が必要だが、機材の在庫があれば当日の受付も可能。利用には顔写真付きの証明書が必要。当日17時までに返却できない場合、延滞料が1日3,000円かかる。

(以下略)

お試し≠レンタル

カメラ機材を貸し出すレンタルサービスはありますが、それとは一線を画しているようです。

1日限定ということですが、10時30分にオープンして17時までに返却しないといけないので本当に建物周辺で試し撮りして終わりですね。

それにしても延滞料が1日3,000円とは、かなりペナルティが重い!

まぁ高価なカメラとレンズを渡すのだからそんなもんですかね。

お試しにはサービス料金として1,000円かかるようで、これは1機材あたりのお値段ですかね? このサービスを通じて商品を購入したらキャッシュバックしてくれるようですが、お得感はあまり無いですね。

自由に試し撮りできるのは嬉しい

時間の縛りがあるのは少し微妙ですが、自由に試し撮りできるのは良いですね。

家電量販店などで展示品を触る時って被写体が商品の陳列棚やポップぐらいですし、多くの人が触ってるから設定が予期せぬものになっていたりパーツが取れたり壊れかかったりしてます。

そして店員さんや周りの客が気になって使用感どころじゃありません。

そう考えると外へ持ち出してマイペースに使用感を確かめられるのは良いかもしれません。

試せる機材が限られている

気になるのは試せる機材の種類です。

比較的高級なボディやレンズが対象なのですが、DXフォーマットのフラッグシップ機D500が使える一方でDX用レンズのラインアップが少ない気がします。

安いレンズやボディは特別用意しなくても良いかなということですかね?

それか、各自所有しているボディやレンズを持参して組み合わせを試すという性格の方が強いのでしょうか。

もう少しラインアップが増えればおもしろいと思うんですけどね。Nikon 1シリーズやコンデジも試せるようになったら盛り上がると思いますよ。