おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

利用料金が1%割引されるクレジットカード P-One Wizカードをつくってみた

www.pocketcard.co.jp

夫婦で使うクレジットカードとしてP-One Wizカードを発行しました。

年会費が永年無料のカードで、家族カードの発行も無料です。

利用料金が自動的に1%割引されて、尚且つポイントが最大で0.5%分付与されるという特徴があります。

利用料金が自動で1%割り引かれる

クレジットカードといえば利用料金に対してどれぐらいポイントが付くかが選ぶ基準となっています。

たいていはポイントを貯めてからギフトカードや商品に交換するという形で還元するわけですがP-One Wizカードの場合はそうではありません。

P-One Wizカードは利用料金の1%が支払い時に割引となります。つまりすべての買い物が1%割引になるというわけですね。

ポイントと違って有効期限はありませんし、自動なのでポイント交換の手間も省けます。そして何より最も使いやすい現金という形で還元されるのが嬉しいですね。

割引対象外の場合もある

電子マネーチャージや金券類、ETCカード利用料金、生損保などの各種保険料は割引の対象外のようです。

特にETCカードの場合は発行と更新時に1,080円の手数料が発生してしまうので、ETCカードは別の会社で作る方が良いでしょう。

保険料が割引にならないのは残念ですが、月々の固定費となる公共料金は対象ですので結構な節約になりますね。

気になるのは税金。去年から軽自動車税をクレジットカードで払っているのですが対象になるのでしょうか。ならなさそうだな〜。

ポイントも最大0.5%還元

1%の割引に加えて、1,000円の利用料金に対して1ポケット・ポイントが付与されます。

100ポケット・ポイントでTポイント500円分に交換が可能でして、この場合0.5%分の還元となります。

つまり最大で1.5%の還元率というわけです。年会費無料のクレジットカードでこれはかなりの高還元率です。

ただしポケット・ポイントの有効期限は2年間。Tポイントは100ポイントから交換できるので、2年で10万円の利用が必要です。公共料金の引き落としで使えば余裕ですね。

キャッシュバックなら0.3%還元

「Tポイントなんて使わねぇよ」って人もいるかと思います。僕のことですけど。使わないことはないのですが、店舗が限られていて使いにくいんですよね。

0.3%とTポイントよりも還元率は下がりますが、他にも交換できるものがあります。

最も魅力的なのがキャッシュバックです。引き落とし口座に現金で返ってきます。

キャッシュバックの場合、300ポイントから交換可能です。毎月13,000円程度の利用が必要なので、少々ハードルがお高めですね。

初期設定がリボ払いなので注意

注意すべきは初期設定だと自動的にリボ払いになってしまうこと。

カードが届いたらさっさと「ずっと全額支払い」の設定にしましょう。

リボ払いは利子が高い上に元金が減りにくいシステムなので節約の敵です。一括払いが正義ですよ。

家族カードが無料で作れる

家族カードは無料で作れて維持費もかかりません。

実は夫婦で使うクレジットカードを探して調べるまで、家族カードは無料なのが普通だと思っていました。カードによっては発行や管理に手数料が必要な場合もあるんですね。

家族カードの発行方法

家族カードは最初の申込みで同時にはできず、カードが届いてからネットでログインして家族カード発行の申込み用紙を資料請求する必要があります。めんどくさちですね。

しかも、家族カードの申込み用紙にはカードデザインの選択欄がありませんでした。これはかなりの想定外。

僕はシルバーで妻はレッドで色違いにしようと思ってましたから、このままでは妻もシルバーになってしまいます。

P-One Wizカードのデザインはシンプルなのですが、言い換えれば物足りない感じです。妻にカードの説明をしている時、カードの見た目について「つまんねー」って言われちゃいましたから。

もう少し評価されても良いはずなカード

年会費無料でこの高還元率、しかも1%は自動で利用料割引。

これだけ好条件なカードなのに知名度はイマイチですよね。価格.comのランキングでも196位と埋もれています。

もっと評価されてもいいんじゃないかなぁ、と思うクレジットカードです。

www.pocketcard.co.jp