おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

夜景や暗い屋内での撮影用にパナソニック LUMIX DMC-LX9を購入しました

パナソニック LUMIX DMC-LX9

www.okigaru-migaru.net

リコー GRを手放し、引き換えにパナソニック LUMIX DMX-LX9を購入しました。

1型センサーに24-72mm F1.4-2.8のレンズを搭載したいわゆる高級コンデジです。

レンズの明るさとマクロ性能、そしてコスパの高さが特徴です。購入した経緯と外観をレビューします。

LUMIX TX1とのコンビ

www.okigaru-migaru.net

GRの代替機というよりは、パナソニック LUMIX TX1とのコンビを組ませるために買いました。

TX1はコンパクトなボディに1型センサーに25-250mmという高倍率ズームレンズを搭載した超便利なコンデジではあるのですが、F2.8-5.9とそこまで明るくないんですよね。ズームすると手ブレのリスクがかなり高くなります。

夜景や暗い屋内での撮影はあまり得意ではありませんので、そういったシーンでも撮れるコンデジが欲しかったのです。

ソニー RX100M3と迷った

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

ソニーのRX100M3ともかなり迷いました。

1型センサーに24-70mm F1.8-2.8と申し分ないレンズのスペックで、チルト液晶やポップアップ式EVFなどコンパクトボディにやたら要素を詰め込んだすごいコンデジです。

1型センサーコンデジの中で最も完成度の高いカメラだと思っています。ただ、2014年発売と古い機種のくせに値段が高いんですよね。

EVFの有無でかなり迷いましたが、やはり最新機種を選ぶのはデジタル機器の定石でもあるのでLX9に決定しました。

LUMIX LX100とも迷う

RX100M3より以前にパナソニック LUMIX LX100とも迷いました。

4/3センサーに24-75mm F1.7-2.8のレンズを搭載したコンデジで、このセンサーサイズでワイ端のマクロが3cmというハイスペックなコンデジです。

アナログライクな操作が特徴で、EVFもついております。4/3のミラーレス機で標準ズームばかり使うという人はこれに買い替えた方が幸せになれるのではないかと思います。

既に生産完了したカメラで、最近になって一気に値段が下がりました。5万円台で買えるとなると欲しくなっちゃいますよね。

でも大きくて重いんですよ。僕のカメラに対する理念は「お気軽&身軽」であり、少なくともジャケットのポケットに入るレベルでないと……。

ちなみにLX9はLX100の後継機とみなされていますが、LX7のラインですよね。LX100の後継機はいずれ別のラインで発売されることを期待しています。

LX9の外観

さて、外観を見ながらLX9の特徴を紹介していきましょう。

まず目につくのがレンズについている絞りリングですね。こいつをカチカチと回して絞りを調節できます。

このコンデジの特徴は、ライバル機種のワイ端がF1.8を採用する中でF1.4とかなり明るいレンズです。比較できるものではありませんが、24mm F1.4というとニコンの単焦点レンズでは20万超えです。

ただ、ちょっとでもズームすると開放F値は大きくなってしまいます。25mmにした途端にF1.5となり、31mmの時点でF2.8になってしまいます。F1.4の恩恵はワイ端でしか得られません。

また、絞りリングをF1.4にしていてもズームするとF値が変わってしまい、ダイヤルと実際の数値が一致しないという状態になってしまいます。無理に絞りリングをつけなくてもよかったのではと思っちゃいますね。

あとライバル機種に大きく差をつけているのがマクロ性能。多くの機種が5cm止まりなのに対して、LX9はなんと3cmまで寄れます。

明るいレンズにマクロに強い。ブツ撮りに最適なコンデジだと思います。

LX9はパナソニックお得意のEVFが搭載されておらず、その代わりに180度回転するとチルト液晶モニターを採用しております。

僕はほとんどしませんが自撮りに役立ちますし、ブツ撮りやローアングル撮影の時にかなり便利でしょう。

下には向かないのでハイアングル撮影では役に立ちませんが、その分ボディサイズを抑えられるのでまぁ良しとしましょう。僕としては固定モニターでいいのでもっと軽くて小さくしてほしかったところですが。

あとタッチパネルも使えます。ただ僕は使うつもりはありません。

背面はこんな感じ。ボタンは少なめ小さめの配置です。

液晶モニターは周りに黒縁があるので、タッチパネル有効時の誤操作が減りそうです。

ストラップを通す穴は両サイドにあります。

僕はGRのハンドストラップを使っています。これを使っていて一度も落としたことがないことと、GRからのバトンという意味で使っています。

RICOH ハンドストラップ GS-2 173381

RICOH ハンドストラップ GS-2 173381

予備バッテリーを一緒に購入

Panasonic バッテリーパック ルミックス DMW-BLH7

Panasonic バッテリーパック ルミックス DMW-BLH7

予備バッテリーを買っておきました。液晶モニターでごりごり電池を使うコンデジでは必須ですね。

しかし純正はなんでこんなに高いんでしょう……。

バッテリーチャージャーも買おうかと思いましたが、どうやらTX1と同じバッテリーチャージャーが使えるようです。

バッテリーの種類と大きさは違いますが、しっかりとはまって充電できます。

こうやって違うバッテリーを使いまわせるという点はいいですね。だから本体に付属しないのでしょうか。

僕はUSB充電は嫌いなので極力使いません。断線程度ならケーブルを買い換えればいいのですが、抜き差しすることで端子を傷めてしまいますから。

Panasonic バッテリーチャージャー ルミックス DMW-BTC9

Panasonic バッテリーチャージャー ルミックス DMW-BTC9

作例と使用感は次の記事にて

そういうわけで外観の紹介をしました。

次は実際に撮ってみた作例と使用感を紹介しようと思います。