おきがるみがる

お気軽&身軽に生活・仕事・趣味を楽しむ雑記ブログです。一応スナップ写真がメインです。

スナップ写真ではRAW現像派? それともJPEG撮って出し派?

f:id:shimehitsu14:20170108193513j:plain

今日のボツ写真は商店街の途中で撮ったハンコ屋さん。

看板とお店の外観が何だかレトロ。最初はハイコントラスト白黒で撮ったのですが、看板が黒つぶれして完全ボツ。

ポジフィルム調で撮りまして、看板が読める程度にはなりましたが、それでも暗く写ってしまって微妙な仕上がりに。

おそらく測光の設定がダメなんでしょうね。マルチ測光にしていたのですが、商店街の外の光を基準にしちゃった感じ。

測光の設定を逐一変えるのはめんどくさいので、露出補正をパパッと変えるのが早そうです。

でも、スナップ撮ってると露出補正の暇も無かったりするんだよな〜。被写体に待ったなしです!


今回はRAW現像JPEG撮って出し、どっちで撮ってる? っていうお話です。

「せっかく良いカメラを買ったのなら1番良い画質で!」という考えで僕は昔からRAWで撮ってきました。

でも、最近はJPEG撮って出しの気軽さと魅力がわかってきたので、撮影シーンに応じて使い分けております。

そもそもRAW撮影とJPEG撮って出しとは何かという解説と、僕がどのように使い分けているかを書いてみます。

RAW撮影とJPEG撮って出しの違い

RAW撮影とは?

デジダル一眼レフやミラーレス一眼、そこそこ高機能なコンデジにはRAW撮影という機能がありますよね。

RAWとは「生」のデータであり、撮影情報を未加工のまま記録します。

JPEGデータとの違いは、撮影後の編集がかなり自由が効くところです。露出補正、ホワイトバランスなどの補正をかけても品質の劣化を最小限に抑えられます。ゆえに撮影時の設定が大雑把でも、ある程度はフォローできます。

ただし、容量がかなり大きく、撮影や転送に時間を要し、記録媒体を圧迫します。さらに、対応するRAW現像でないと編集どころか閲覧も不可能で、誰でも見られるようにするにはJPEGに圧縮・変換する必要があります。この作業をRAW現像と言います。

現像と言うからにはフィルムカメラのそれと似ており、RAW現像はフィルムからネガに現像する過程に相当します。

JPEG撮って出しとは?

RAW撮影できる機種は限られていますが、スマホやコンデジなど、どのデジカメでも可能なのはJPEG撮影です。

撮影した時点でJPEGデータに変換します。俗に「JPEG撮って出し」なんて呼ばれています。

記録容量が小さくて済むのが最大のメリットです。連写したり、大量に撮る人は恩恵を受けることでしょう。

ただし、JPEGは非可逆圧縮なので撮影後の編集は品質劣化を招きます。そのため撮影時の設定がとても重要になります。

各撮影方法の使い分け

いずれもメリットとデメリットがあります。

僕は観光や旅行など、撮影がおまけの時はRAW撮影、撮影が主目的の時はJPEG撮って出しにしています。

「逆だろ!」って声も聞こえてきそうですが、ちゃんと理由があります。

失敗したくない撮影はRAWで

観光や遊びでの外出では、カメラを持って行ってもあくまで写真撮影はおまけです。観光地の雰囲気を味わいたいですし、一緒にいる人をそっちのけで、あれこれ考えながら撮りたくないんですよね。

だから、あとから修正がしやすいRAWで撮影をします。特に旅行で撮った写真は失敗しちゃうと「もう1回撮りに行くか……」というわけにはいきません。帰宅してから「RAWで撮っておけばよかったー!」って後悔しないようにしています。

あとイベント系の撮影もRAWで撮ってます。イベントには進行ってもんがありますから、撮影に失敗したからと言ってテイク2をお願いできませんからね。

大量に撮るスナップではJPEG撮って出しで

僕にとってのメインの撮影はスナップ写真なのですが、こちらはJPEG撮って出しです。

まず大量に撮影するので、JPEGの方がデータ管理が圧倒的に楽なんですよ。

そして編集せずともカメラ側が仕上げてくれている、またはこれ以上自由に編集できないという状態が大切。

大量の写真を編集してRAW現像するのはかなり骨の折れる作業です。また、RAW現像は際限なく編集ができてしまうので、注意しないと、かなり不自然で嘘くさい写真になりがちです。

編集の手間を省くと同時に、編集できないという制限を加えているのです。割り切ることができれば、肉体的にも精神的にもかなり楽です。

おわりに

以上のことから、スナップ写真ではJPEG撮って出しをおすすめします。あとから編集ができないだけに、その場一発勝負って感じも潔くて好きです。

カメラの設定はデフォルトでも十分普通に写りますが、好みの味付けに設定しておけば個性を出せて、満足感も高まるかと思います。

まぁ、カメラの設定も奥の深さが泥沼なんですがね。そのへんはまた別の機会に。