おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

実写映画化もされた『坂道のアポロン』の思い出を語る

坂道のアポロン コミック 1-9巻 セット (フラワーコミックス)

坂道のアポロン コミック 1-9巻 セット (フラワーコミックス)

www.apollon-movie.com

久しぶりに映画を観ようと上映中の一覧を見ていると『坂道のアポロン』が実写映画化されているらしい。

『坂道のアポロン』は僕が学生時代にはまった漫画で、アニメ化もされました。僕はアニメから入って速攻で漫画を全巻揃えました(当時既に完結してました)。

正直実写映画には食指が動かないので見送りますが、原作はとてもおもしろいです。アニメもクオリティが高かったですが、最後が駆け足になってしまい少し惜しい作品になってしまいました。2クールでじっくりやっていれば傑作だったのになぁ。

今回の実写映画で興味をもった人は是非とも漫画原作を読んでほしいところです。僕のおすすめポイントを教えます。

ジャズをテーマにした学園青春もの

学園青春ものの作品ですが、ジャズがテーマとなっております。

優等生で根暗な主人公が、札付きの不良とジャズを通じて親友になる物語です。その不良の幼馴染の女の子との恋愛模様も描かれます。

恋愛要素も大きいのですが、どちらかといえば友情がメイン。BLが好きな人ならいろいろと妄想が捗るかと思います。

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

同じジャズをテーマにした漫画で僕の大好きな『BLUE GIANT』がありますが、ジャズに対する観念が微妙に違うと思います。

『BLUE GIANT』はジョン・コルトレーンのようなスケールライクで激しくスピーディなジャズを好むのに対し、『坂道のアポロン』はスウィング感を大事にしています(『BLUE GIANT』ではスウィングのスの字も出てきません)。

おそらく主人公がクラシックピアノが特技であり、最初にジャズ独特のリズムに慣れない描写があったからかと思います。

読みながら聴くべき音源

『坂道のアポロン』では作中に実在のプレイヤーや名曲が登場します。

漫画からは音が出ませんので、読むのと並行して音源を聴いてみるといいでしょう。

ただ、そんなにたくさん曲が登場するわけではありません。ここではキーとなる3曲を紹介します。

Moanin'

Moanin' (The Rudy Van Gelder Edition)

Moanin' (The Rudy Van Gelder Edition)

  • アーティスト: アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
  • 出版社/メーカー: Blue Note Records
  • 発売日: 1999/03/11
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る

まずはMoanin'(モーニン)です。この曲は最初から最後まで主人公と親友を繋ぐ曲として登場するので超重要です。

有名なのはアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズによるテイク。このテイクが有名過ぎて他でやってても印象薄いです。

出だしのフレーズはおそらく誰でも一度は聴いたことがあるのではないでしょうか。

My Favorite Things

My Favorite Things (Remastered)

My Favorite Things (Remastered)

映画『サウンド・オブ・ミュージック』の挿入歌であるMy Favorite Things(私のお気に入り)

ジャズ・スタンダードの中でも3拍子の曲として有名です。有名なのはジョン・コルトレーンによる演奏です。

ちなみに物語は1966年頃を舞台としており、途中でジョン・コルトレーンの訃報が入ります。

Someday My Prince Will Come

ポートレイト・イン・ジャズ+1

ポートレイト・イン・ジャズ+1

  • アーティスト: ビル・エヴァンス・トリオ,ビル・エヴァンス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/03/08
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る

主人公がヒロインに恋心を伝える時に演奏したのがSomeday My Prince Will Come(いつか王子様が)

これも有名過ぎて一度は耳にしたことがあるはず。My Favorite Thingsと同じく3拍子の有名曲です。

聴くべきはビル・エヴァンス。主人公の容姿がビル・エヴァンスに似ているという描写もありました。

ジャズの巨人たちは若くして亡くなっていたり壮絶な人生を送った人たちが多いのですが、ビル・エヴァンスもその1人です。

ビル・エヴァンスは薬物中毒に悩み、ボロボロの歯を隠すためにムッツリ顔をしている写真が多いのだとか(ウィキの情報ですが)。

アニメは不完全燃焼だが演奏シーンは必見

www.youtube.com

アニメは「もし2クールあれば……」と惜しい出来だったのですが、要所要所の演奏シーンは必見です。

音楽の監修とピアノの演奏は菅野よう子さんがしています。菅野さん自身はあまりジャズは好きじゃないそうなんですけどね(とはいえシートベルツも率いてますし、ジャズギタリストのパット・メセニーから称賛されていたりとジャズにも関わりがあるのですが)

アニメで少し残念だったのがラストのシーン。ここが原作と大きく違って一気に終わらせにかかったなってのが丸わかりで残念でした。

映画「坂道のアポロン」サウンドトラック&ジャズ演奏曲集

映画「坂道のアポロン」サウンドトラック&ジャズ演奏曲集

とりあえずサントラはかなり良い出来かと思います。普通にジャズの音源として聴けるのではないでしょうか。

とりあえず原作を読もう

興味をもった方、とりあえず原作を読みましょう。あっという間に読めます。

少女漫画ですので女性の方はもちろん、男性の方でも読んでて全然変ではありませんよ

坂道のアポロン(1) (フラワーコミックスα)

坂道のアポロン(1) (フラワーコミックスα)