おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

A8のセルフバックがおいしいのでSBI FXトレードを登録してみた

FX(外国為替)ならSBI FXトレード | SBI FXトレード

SBI FXトレードを登録してみました。

SBIグループのFX会社でして、SBI証券や住信SBIネット銀行が提供するFXとはまた別物です。

デモトレードの機能はありませんが、1通貨から投資できてスプレッドも狭いです。初心者から使えるFX会社だと思いました。

選んだ理由

SBI FXトレードを選んだ理由は記事タイトルにある通り。

数あるFX会社と比較して選んだわけではなく、A8のセルフバックがおいしいから登録しましたw

A8はブログでアフィリエイトをやる人にプログラムを斡旋してくれるサービスです。

基本は人に商品やサービスを紹介してその報酬をもらうというシステムなのですが、一部のプログラムは自分で契約して報酬を受け取ることが可能です。

SBI FXトレードのセルフバックは口座を新規開設して1通貨でも取引したら報酬1万円なのでとってもイージー。

普通に新規開設した時の特典はしょぼい

セルフバックは結構手厚いのに、普通に新規口座開設した場合の特典は500円のみとしょぼいですね。

取引しなくても無条件でもらえるのでハードルは低いですが、お試しでちょろっと投資してみてくださいって程度です。

そういう特典を重視するなら選択肢としてはイマイチですね。

SBI FXトレードの特徴

1通貨から投資できる

FXはたいてい1万通貨、一部の会社で1,000通貨から取引が可能です。

1万通貨といいますと、1米ドル110円だった場合110万円の取引になります。必要証拠金もレバレッジ25倍で44,000円と気軽には始めにくいですよね。

1,000通貨なら11万円をレバレッジ25倍で4,400円を最低限用意すればいいのですが、それでもいきなり1,000通貨はなかなか踏み出せないのではないでしょうか。1円動けば1,000円増減しますからね。

SBI FXトレードは1通貨から投資が可能です。これなら仮に損失が出ても大した額にはなりません。

デモトレードが無い代わりに、リスクを限界まで小さくして挑むことが可能なので初心者でも安心だと思います。

スプレッドが狭い

主要通貨のスプレッドはかなり狭い水準です。

スプレッドとは通貨を買う時と売る時の価格差のことです。高く買わせて安く売らせて、その差額が手数料として運営の売上になります。このスプレッドは狭い方が投資家にとって有利です。

米ドル円のペアは0.27銭と、他者が0.3銭を設定しているなかではお安いです。

ただし1万通貨を超えると増額

ただしこの米ドル円0.27銭のスプレッドは1万通貨までの設定です。10,001通貨からは0.29銭に増額してしまいます。

米ドル円はまだ差は少ない方ですが、豪ドル円だと0.59銭が0.69銭と大きな差ができます。

1回の取引で高額を張りたいという人は要注意ですね。

使ってみた感想

スマホ用アプリは普通に使えます

基本的に取引はスマホで行いました。取引アプリが配信されております。

他と比較したことがないのでわかりませんが、初心者でも問題なく使えました。

しかしながら、スマホは画面が小さいのでチャートが確認しづらいですね。

それになんとなく画面にタッチしたところが取引ボタンで、思ってもいないタイミングで取引してしまったりもありました。これはFXあるあるなのかもしれません。

推奨ブラウザがIEのみ

パソコンにおける推奨ブラウザがIEしかありません。

他のブラウザでも取引はできますが、表示が乱れたり一部画面が表示されない場合があります。ちなみにチャートの表示にFlashを使っているようですね。

僕はMacを使っているのでIEは使えません。そもそもIEを使っている人の方が最近は珍しい気もするのですが、他のブラウザ対応させないのはなぜでしょうか。

リッチクライアントソフトもあり

ブラウザからでなくても専用のリッチクライアントソフトが配布されています。

しかしWindows専用でして、こちらもMacは使えません。

以上のこともあり、Macユーザーはパソコンでの取引よりもスマホを使う方がストレスが少なそうです。

無料のメルマガが結構良い

無料で登録できるメルマガが結構良いです。

毎朝その日に発表される各国の経済指標を教えてくれたり、参考になる情報を配信してくれます。

特に経済指標をまとめてくれているのはありがたいですよね。ファンダメンタル派にとってはかなり重要ですから。

FXがどんなものかを理解できた

一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版

一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版

FXに関するハウツー本を1冊読了しまして、そんでもって何回か取引してみました。

これでなんとなくFXがどんなものかを理解できた気がします。そして思ったことは、僕はデイトレ向いてないということですw

いろいろ思うところがあるのですが、損したくない願望が強すぎて損切りのタイミングがわからなくなってしまうところが大きいですね。これはFXで負ける人の典型だそうです。

FXでも中長期的な運用ができる?

かといってFXから完全に離脱するというわけではありません。

FXは短期投資のイメージが強いですが、中長期で運用する方法もあります。そっちの方が僕向きかな、と。

日本との金利差が大きい新興国通貨を買ってスワップポイントを稼ぐってやつです。

これはこれでリスクが大きいのですが、リスクを抑える方法もあります。それを実現するにはSBI FXトレードのサービスの1つである積立FXを使います。

それについてはFXで稼ぐ方法から順を追っておさらいしていく必要がありそうです。次の記事ではFXの基本知識をまとめようと思います。