おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

口内炎の貼るパッチ薬を使ってみたけどイマイチでした

ここしばらく口内炎に悩まされております。口唇の内側を噛んでできるやつです。

なかなか治りが悪くて困るんですよね。食事もしにくいですし喋りにくいです。毎度噛んでしまった瞬間に絶望感が漂います。

そういう時はビタミンなどの栄養を摂る飲む薬の他に、塗って固まる軟膏薬を使ってきました。

でも今回は新しい試みとして貼るパッチタイプの薬を買って使ってみました。

口内炎パッチの使い方

買ったのはこれです。第3類医薬品と指定第2類医薬品とがあって、これは後者です。どう違うのかは知りません。ステロイドが入っているか否かでしょうかね?

使い方はとっても簡単!

  1. うがいして口腔内を清潔にする
  2. 患部の水気(唾液も含む)を拭き取る
  3. シートからパッチを剥がして患部に貼って押さえる

パッチは10枚入っていて、1日に1〜2回貼ります。パッチはフィルムでできており、時間の経過で自然と剥がれるそうです。

注意すべきは、一度貼り付けると結構頑丈に貼り付くので説明書には「無理に剥がさないでください」とのこと。つまり失敗は許されない……。

使ってみた感想

口内炎が口唇(下顎の両犬歯、上顎の右犬歯付近)の3ヶ所にできていたので3枚貼ってみました。確かにこれは狙いを定めて貼りやすいかもしれません。

軟膏薬は患部にピンポイントで塗れなかったり、指から取れずにグダグダしがちですよね。そのストレスはありません。

貼ってみた後で微妙にズレてることに気付いたらパッチを1枚破棄することになります。僕も狙いから少しズレて1枚無駄にしましたw 貼りたてはそんなに頑固じゃないのでまだ剥がしやすいです。

ただ、このパッチは貼る場所によって非常に異物感が強いです。口唇の内側に貼っていたのですが、ナイスなスマイルをするとパッチが見えるし……。

でも結構強力に貼り付いてくれて舌でペロペロした程度じゃ剥がれないですね。

食事したら剥がれた

しかし食事したら一気に剥がれちゃいました。バナナを咀嚼したら3枚貼ったうちの1枚がベロリンと中途半端にめくれました。

少し剥がれたら残りを自力で剥がすしかありません。自然と剥がれて飲み込むのも気持ち悪いですし、その辺りの手軽感はイマイチですね。

こういったことがあると気になって使いたくなるんですよね。結局残り2枚も剥がそうと思うのですが、これがなかなか剥がれない!

シャワーで水圧をかけてもビクともしません。それでも指でめくってなんとか剥がします。一応患部は無事でしたが、粘膜をさらに引き剥がしそうな勢いでした。

結論:使い方が悪かったのかな?

食事して剥がれたのは3枚中1枚でしたから、本来はしっかり貼り付いて保護してくれるようですね。

おそらく僕の使い方が悪かったのかもしれません。

でも再び貼ろうという気が起こりません。残念ながら僕の中では格付けがされちゃいました。

患部の場所によってはかなり気になる

今回は犬歯付近の口唇に貼ってみましたが、かなり気になりますね。しかも口を開くとパッチが見える!

おそらく頬のあたりなら見えないですし、舌も当たりにくいのでそこまで気にならないんじゃないかなぁと思います。

コスパがちょっと気になる

あと10枚しか入っていないというのも心もとないですね。

1日に2回貼ると想定すると1ヶ所だけでも5日で消費してしまいます。

まだ軟膏タイプの方が容量も多く、患部の大きさに合わせて調整できてコスパが良いかもしれません。

【第3類医薬品】サトウ口内軟膏 8g

【第3類医薬品】サトウ口内軟膏 8g

ちなみに僕が使ったのはこれ。買ったわけではなく家にあったから使いました。

ディスって申し訳ないので大正製薬製の軟膏タイプも載せておきます。

口内炎の予防

噛んで発生するタイプの口内炎の予防で効果的なのはあるのでしょうか。

まぁ1番の予防は噛まないことですよね。昔から口唇を噛むのは疲れているせいだと認識していました。

そのなかにはストレスもあるでしょうし、そもそも抜歯などによって噛み合わせが悪くなったというのも考えられそうです。

とりあえずできることは栄養と睡眠をしっかりとることですかね。あと適度な運動も。

基本的なことが本当に大事なんですね。これは口内炎に限ったことではないと思いますが。