おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

2017年の宝塚記念(サトノクラウン)を振り返る 〜キタサンブラックの惨敗〜

春のグランプリ宝塚記念。今年もファン投票1位はキタサンブラックでした。

春古馬三冠をかけて挑んだレースでして、とあるユーチューバーが1000万円分の馬券を買ったことでも話題にもなりました。

しかし誰しもが予想しなかった結果となりました。

レースの振り返り:またサトノに負けたキタサン

www.youtube.com

最大のライバルであるサトノダイヤモンドは凱旋門賞に控えて参戦せず、同世代のダービー馬のマカヒキも勝算がないと踏んだのか回避し、ますますキタサンブラックに期待がかかりました。

これまでキタサンブラックは良いポジションをとりやすい内枠ばかり引いてきたのが、宝塚記念では大外枠の8枠。

ただ、宝塚記念では荒れた内馬場よりも外馬場でポジションを取る方が良いためか、ここ数年の勝ち馬は8枠からでした。外枠でも勝機はあります。

いざ、スタート! と同時にキタサンブラックの走りに違和感が。どこか外の方を向いて走ってないか? どこか折り合いも欠いているような……。

それでも4コーナーでは外を回らせながらも先頭を捉えようとしますが、それでも先頭に立つことはできず。

最後は外からサトノクラウンが抜け出した一方でキタサンブラックは馬群の中に沈んでいきました。

これまでキタサンブラックは日本ダービーの14着以外はすべて3着以内と勝てずとも必ず善戦していたのですが、この9着はかなり残念な結果となりました。

ちなみに勝ったサトノクラウンも同じ8枠。8枠が勝つデータはかなり信頼があるようですね。

この敗北を受けてキタサンブラックの海外挑戦を断念して国内に専念することと年内の引退を発表しました。

秋古馬戦線でチャンスを狙っていた陣営からすれば強敵が日本に残るというのは複雑だったでしょう。

それにしてもキタサンブラックは宝塚記念と有馬記念は勝てませんね。引退レースとなる今年の有馬記念でそのジンクスを破って有終の美を飾ってほしいです。