おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

SBI証券でつみたてNISAの積立設定がスタートしたのでその方法を簡単解説

12月17日からSBI証券つみたてNISAの積立設定が可能になりました。

1月からの買い付けに備えて早速設定してみました。簡単に解説してみます。

SBI証券のつみたてNISA積立設定方法

ファンドを検索

まずは投資信託のメニューで積み立てたいファンドを検索します。

つみたてNISA対象のファンドであれば「つみたてNISA買付」というボタンが表示されるのでクリックしましょう。

もし表示されなければ、そのファンドは対象外で一般・特定口座での取り扱いとなります。

つみたてNISAの設定画面へ

そしたらいろいろグラフが表示されたページに飛びます。

これは別に見なくてもいいので、下にスクロールしてみましょう。

こんな感じの表があると思います。

ここには先ほど「つみたてNISA買付」をクリックしたファンドが表示されます。ネットショッピングの「買い物カゴに入れる」と同じ感覚でOKです。

表示されているのを確認したら、他に積み立てたいファンドで同じことを繰り返します。

そしてこの表の

  1. コース
  2. 申込設定日
  3. 設定金額

を入力しましょう。僕は毎月14日(月の真ん中あたりで14という数字が好きだから)にポートフォリオ通りの金額を入力しています。

もちろん金額ではなく比率でもOKですが、金額を入れといた方がわかりやすいですね。ボーナス設定は年2回好きな月に好きな金額を追加投資できます。これを使ってリバランスできそうですね。

NISA枠ぎりぎり注文設定は、買付金額がNISA枠を飛び出していたら、NISA枠に合わせて買付を行い、余計な買付は行わないというシステムです。まぁ使いません。

これらを入力したら、この表のすぐ下に取引パスワードを入力するところがありますので、入力して画面に従って進めれば設定終わりです。

見直したり変更する方法

つみたてNISAの設定を見直したり変更するには、

まずログイン後のトップページから取引ページへ行きます。

次に①投資信託 ②投信(積立買付)の順にページを移ります。

ページを下の方にスクロールするとこのような一覧があります。

預り区分が「つみたてNISA」のファンドならどれでもいいので、設定の「変更・解除へ」をクリックします。

そしたらこのページが表示されるので、あとは同じ操作で変更してください。

以上です。積極的に何かするわけではありませんが、なかなか楽しみになってきましたね。