おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

つみたてNISAとiDeCo(個人型確定拠出年金)やるならどっち?

インデックス投資をする上で税金面での優遇政策といえばNISAと確定拠出年金があります。

今年から個人型確定拠出年金はiDeCoという通称が決定し、来年からは現行NISAとは仕組みが異なるつみたてNISAがスタートします。

長期投資において両方するのが最も恩恵を受けられるのですが、どちらか1つという場合はどっちを選べばいいでしょうか。

投資額の上限

つみたてNISAは年間40万円を20年間投資することができます。つまりトータル800万円分の投資で得た利益が免税になります。年間40万円は月に換算すると33,333円です。

一方のiDeCoは1月あたり23,000円が投資上限なので年間最大で276,000円となります。何歳から始めるかでトータルの投資額は変化しますが、20〜60歳まで40年間投資して1104万円です。これだけでもすごい金額ですね。

もし投資期間が29年未満ならばつみたてNISAの方がより多く投資できる計算になります。

iDeCoのメリットとデメリット

所得税・住民税を節税できる

iDeCoの最大の特徴といえば、給与の控除前の金額から天引きで投資される点です。

23,000円分が天引きされたあとの支給額に対して所得税や住民税がかかりますので大きな節税となります。

手数料が絶対にかかる

iDeCoはファンドの信託報酬以外に、口座に対して手数料が発生します。

金融機関によっては口座開設手数料や口座管理手数料が無料になるところはあります。

しかしどれだけ無料と謳っていても、開設時に国民年金基金連合会に2,777円、そして月ごとに国民年金基金連合会103円と事務委託先金融機関に64円がかかります。つまりコストがオールゼロな金融機関は無いというわけです。

さらに60歳になってから受け取る際に、給付を行うたびに432円の給付事務手数料が発生します。

利益とリスクが小さいインデックス投資において、これらは大きいコストです。

60歳まで使い道を決められない

僕は今のところiDeCoをやる予定がないのですが、その1番の理由がこのデメリットがあるからです。

iDeCoで投資を始めたら、投資したお金は60歳になるまで使い道を決められません。

60歳までの長い人生、何が起こるかわかりません。いつまとまったお金が必要になるかわからないことを考えると、取り出せないところにお金を預けるのは大きなリスクです。

資産を現金へ戻しやすいかを表す言葉として「流動性」という専門用語があります。

よく不動産を売却しようとしてもなかなか買い手がつかなければいつまで経っても現金化できませんよね。このように現金化したくても容易にできないものを「流動性が低い」資産と言います。

iDeCoで運用する資産は不動産以上に流動性がかなり低いと言えます。

これを考慮するとある程度安定してまとまった給料を得られる人でないとiDeCoは難しいかと思います。

つみたてNISAのメリットとデメリット

途中解約が可能

iDeCoの流動性が低いことに対する裏返しになりますが、つみたてNISAは現金が必要になったらいつでもファンドを解約して現金にすることができます。

同じファンドを所有するとしても、iDeCoで運用するよりもつみたてNISAの方が流動性が高いということです。

人生何があるかわかりませんから、すぐ現金化できて取り回しの資産で運用したいという場合はつみたてNISAは最適です。

損益通算ができない

現行NISAでもそうでしたが、一般・特定口座との損益通算ができません。

つみたてNISAは40万円を超えて投資はできませんし、債券アセットやETF、個別株をつみたてNISA口座内で運用できません。一般・特定口座との併用が前提となります。

例えば、一般・特定口座内で運用しているAファンドが利益10万、Bファンドが損失20万で利益確定した場合、それらの損益を通算して運用結果は損失10万円となります。Aファンドでは利益がありましたが、トータルでは損失の方が大きいので課税対象になりません。

もしBファンドをNISA口座で運用していた場合、NISA口座は他の口座と損益通算することができませんので、トータルでは10万の損失ですが、Aファンドで得た利益10万に対して税金がかかります。泣きっ面に蜂ですね。

こうならないようにするためには、NISA口座内では利益を見込めるアセットを中心に入れて、低リターンのアセットは一般・特定口座で運用するという仕分けが必要です。

20年の期間限定

つみたてNISAは20年という長期投資が可能ですが、所詮は20年で恒久の制度ではありません。

現在20代の人が運用をスタートして、つみたてNISAでの運用を終了するのは40〜50代です。まだまだ現役ですね。

そこでいったん利益確定されて、非課税でリターンを得られたとしましょう。それから引き続き運用するならば、一般・特定口座で買い直すことになります。それから利益が出たらもちろん課税対象です。意味がありませんね。

つみたてNISAの制度が終わる頃に別の非課税制度ができていればそちらにスイッチすることができますが、そういった制度が施行される保証はありません。

ちなみに僕はつみたてNISAで運用が終了したら、そこでいったん資産配分し直すつもりです。その頃には50歳手前なので現在のポートフォリオよりもリスクを抑えようと考えています。

安定した給料か否かで選ぼう

iDeCoの項目でも書きましたが、iDeCoをするか否かは余裕のある給料を安定して得られるかで決めるといいでしょう。給料が高い人はiDeCo、またはつみたてNISAと両方で運用するといいでしょう。

もし給料がそんなに潤沢でなく、月によって支給額に差が出るというのであれば、現金化しやすいつみたてNISAのみでの運用をおすすめします。