おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

伝えるには意見・相手の立場・正直さが重要 - 山田ズーニー『伝わる・揺さぶる! 文章を書く』まとめ

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

山田ズーニー『伝わる・揺さぶる! 文章を書く』を読みました。

ブログはもちろん、ビジネス文書や手紙、日常のコミュニケーションまで使える文章テクニックを学ぶことができます。

自分が言いたいことをはっきりさせ、相手の立場になりつつロジカルな文章を書くことが重要です。すべて実践するのは難しいかもしれませんがどれも重要なことです。

実はこの本は学生時代に一度読んだことがあるんですよね。今でも長く読まれている名著ということで読み直しました。

やはり一度読んだ本でも時間が経てば内容をすっかり忘れてしまってますね。記事に要点をまとめておくことは結構有意義なのかもです。

機能文の7つの要件

機能文とは、自分が言いたいことをはっきりさせ、その根拠を示して、読み手の納得・共感を得る文章です。

  1. 意見:1番言いたいことは?
  2. 望む結果:誰がどうなることを目指す?
  3. 論点:問題意識はどこに向かっている?
  4. 読み手:読むのはどんな人?
  5. 自分の立場:相手から見たとき自分はどんな立場?
  6. 論拠:相手が納得する根拠はある?
  7. 根本思想:根本にある想いは何?

基本の3要素

7つの要件のうち、基本となるのが次の3要素です。

  1. 論点:何について書くか
  2. 論拠:意見の理由
  3. 意見:自分が1番言いたいこと、結論

ただし、このうち論点は省略されることもあります。なぜなら無くても意味は通じるからです。

結論を頭に持ってくるのも1つの手です。字数や時間がないときに最低限必要となるのは意見です。

良い意見を出す方法

意見とは自分が考えてきた「問い」に対して、自分が出した答えのことです。良い意見を出す人は「問い」も深いです。

また、知らないことについては意見を出せません。意見しようと思うなら必要なことを知り、調べる必要があります。

論点の探し方

日常生活や仕事のなかで、完全に好きなことを書いていいというシーンはほとんどありません。

そこには以下のような制約があります。

  1. 読み手は何を求めているか
  2. テーマは何か
  3. それらに対して自分には何が書けるか

テーマを洗う際には、付け焼き刃で調べた知識を受け売りするだけでは人を動かせません。調べた内容に対して自分が感じたことを書き出しましょう。

論点を絞る際には、興味が持てなかったり書くモチベーションがない論点、または動機がはっきりしない論点は選ばない方がいいです。

根本思想で印象は変わる

根本思想は短い文章でさえも表れてしまいます。これはごまかしようがありません。

人に対して温かい想いを持っている人の文章は、さりげない書き方をしていても温かさが伝わります。

逆に、生き方が後ろ向きな人は何をどう書いても後ろ向きな印象が伝わってしまいます。

文章を書く時はポジティブな気持ちを持つことが重要です。

短くまとめられることが大事

実際に短く書くかどうかはさておき、短く説明できるということはとても大事です。

短く言うということは、大事なものだけ残して、あとは全部棄てることです。

つまり短く言えないということは、大事なことの順番が自分にもわかっていないということです。

自分で反論することが説得力を増す

より説得力のある論理構成にするためには自分で反論するのが効果的です。

まずは論拠を示し、それに対し相手から予想される反論を自分で示し、それに再反論します。

批判や鬱憤晴らしの文章は無価値

文章がうまいだけではいけません。

書き手の中には、周囲の人びと(特に若い人)をひどく見下すような人もいます。「君たちはダメだから、私が高いところから教えてあげるよ」という感じです。

文章力は人を蔑んだり、傷つけたりするためのものではありません。それに読者はすぐに「書き手のものの見方を押し付けられている気がする」と敏感に拒否反応を示します。

時には読み手に構わず、自分の鬱憤を書き連ねたい衝動に駆られることもあります。

そんな場合、その文章が何か価値を生み出すか、状況は動くのか、自分の望む結果は何かを考えてみましょう。

批判には具体的な解決策が必要

社会に向けて自分の意志を発信するときには、単なる批判に終わってないかチェックしましょう。

1番必要なのは、具体的な解決策を打ち出すことです。それがわからないから苦労して問題が解決していないのですから。

でも専門家が集まっても解決不可能な問題に、自分で答えを出すということは難しいです。

そこで解決に繋がる問いを発することで、巷の論議の盲点となっていることを明らかにしましょう。

否定するだけなら簡単

何かを否定するというのはとても簡単です。

しかしその一方で、新たな考えを創っていくことは骨が折れる作業です。

そんな作業を相手ばかりに負担させていては状況は動きません。否定を提案に変えることが大事です。

リード文の大切さ

読み手は文章を全部読んで良いか悪いかを決めるのではなく、パッと見て読むか読まないかを決めます。

最初に相手の「読みたい!」という気持ちを引き出せれば、長い文章でも読んでもらえます。つまり文章の書き出し(リード文)が重要なのです。

相手の読む動機を考えてリード文を設定すべきです。例えば「以下は、あなた今悩んでいる○○の問題の突破口になるかもしれません。少し長いけれど読んでみてください」というように置くと最後まで読んでもらえる可能性が上がります。

あるいは同様のことをタイトルに置いてもOKです。これはブログにも使えるテクニックですね。

正直こそが最強の武器

文章で大切なのは、自分の根っこにある気持ちや生き方に嘘をつかないことです。

正直じゃない想いは自分が自信をもって言い切ることができませんから、文章全体の歯切れが悪くなります。

いくら偽った言葉を並べたところで、体験を数多く積んできた人の実感から出る本物の言葉には勝てません。

自分の生き方に嘘のない文章を書くことは、最も有利な戦略なのです。

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)