おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

掃除機の選び方 - 紙パック or サイクロン? モーターブラシによる性能差までチェック!

掃除機が欲しいなぁと思っていろいろ調べてみました。

ヨドバシ.com - 掃除機の選び方

とりあえずヨドバシ.comに掃除機の選び方が書かれていたのでこれで勉強してから、ヨドバシカメラの掃除機コーナーへ見に行ってきました。

予算は2万円。ハイスペックは望まず、コスパに優れた掃除機を探します。

紙パック式 or サイクロン式

集塵(しゅうじん)方式には大きく分けて紙パック式サイクロン式があります。

紙パック式は掃除機本体の価格が安いですね。予算を抑える場合、最も選択肢が多いのが紙パック式掃除機でしょう。ゴミの処分も紙パックをそのまま棄てるだけでいいので、ゴミを直接見なくて済みます。

その一方で、紙パック代と買い置きの手間がかかるほか、ゴミが溜まってくると吸引力が落ちたり排気のニオイが強くなります。

サイクロン式は消耗品を使わないので経済的な上に、こまめにダストボックスのゴミを棄てることで吸引力を維持できて排気のニオイも抑えることができます。

しかし、ダストボックスからゴミを棄てる際にゴミが飛散するリスクもあります。さらにダストボックスやフィルターのこまめな清掃も必要です。

あと紙パック式と比べて少々お値段高めですね。紙パック代のランニングコストも含めて予算を考慮する必要がありそうです。

スティックタイプはどうなの?

本体とヘッドをノズルで連結した昔ながらのタイプとは別にスティックタイプの掃除機もありますよね。

多くがサイクロン式を採用しており、コードレスタイプのものもあります。

軽量で取り回しが容易な上に、立てて保管ができるので収納もスッキリさせることができます。

ただし、吸引力が少々劣るのと、ダストボックスなどでヘッド周りが肥大化している製品も多くて狭いところやベッド下の掃除がしにくい場合もあります。

デメリットを解消した製品となると値段が大きく跳ね上がります! 「吸引力の変わらない」でお馴染みのダイソンとかが良い例ですね。

吸引仕事率とモーターブラシ

吸引仕事率は真空度と風量から導き出した吸引力の目安をW(ワット)で表記したものです。単純にこの数値が大きければ大きいほど吸引力があると言っていいでしょう。

紙パック式が500〜600W、サイクロン式が200〜400Wが一般的です。サイクロン式はこまめにゴミを棄てることで吸引力を維持できるので、少し弱めにつくられているといったところでしょうか。

ただし、吸引仕事率が高いからといって、それだけゴミを取れるとは限りません。ブラシタイプも考慮する必要があります。

モーターブラシを搭載していれば、吸引力が弱くてもゴミを掻き取る力が強いです。フローリングや畳はもちろん、毛の長いカーペットでさえもゴミがよく取れます。

ヘッドにモーターが内蔵されているため重たくなりがちですが、自走機能でアシストしてくれるモノもあるようです。

一方でブラシが搭載されていないタイプもあり、安価でヘッドが軽いものの床を擦るだけであまりゴミを絡め取ってくれません。

つまりモーターブラシか吸引仕事率のどちらを優先するかが掃除機選びの鍵となりそうです。

実際に使ってみるとモーターブラシの性能が良い

ヨドバシカメラに行ってきていろいろチェックしました。予算2万円以内で探します。

ヨドバシの掃除機コーナーは絨毯が敷き詰められていて、店員さんがゴミのサンプルとして綿のようなものを絨毯に擦りつけてくれます。

実際に掃除機を触って思ったことはモーターブラシの有無でかなりゴミの取れ方が違いますね。ブラシがあると1回かければ取れるゴミが、ブラシ無しだと2回かけないと取れません。

モータブラシ無しで吸引仕事率が高い掃除機よりも、吸引仕事率が低くてもモーターブラシがある掃除機の方がゴミを取りやすいです。

モーターブラシがあることでヘッドが重たくなると聞いてはいましたが、そんなに気になりませんね。ある程度自走アシスト機能が効いてくれます。

モーターブラシ搭載機を選ぶなら紙パック式が予算に合う

サイクロン式でモーターブラシがある製品を選ぼうと思うと少々予算を超えてしまいます。

一方で紙パック式であれば選択肢はかなり多くなりますね。

紙パックの交換・買い置きのコストがかかるとはいえ、そんなに頻繁な交換するとは思わないし、かかる費用も知れてるということで紙パック式で探しました。

そのなかで1番良さげだったのがこれ。シャープ製のEX-KP15Pです。

紙パック式の掃除機で、吸引仕事率300Wながらもモーターブラシを搭載しています。絨毯上のゴミも簡単に吸ってくれます。

そして何より本体重量が2.2kgと超軽い! 見た目もスクエアな感じでおしゃれですよね。

ヘッドは自走式らしいのですが、他の製品と比べるとそんなにアシスト感はありませんでしたね。かと言って重たいわけではないので及第点です。

フローリングや畳におけるモーターブラシの是非

店員さんはフローリング主体でもモーターブラシの方がゴミを取りやすいと仰っていました。

それに紙パック式はゴミが溜まってくると吸引力が弱くなってくるので、モーターブラシ搭載をおすすめしていました。

ただ、ブラシが回転する分フローリングを傷つけたり畳をボロボロにする可能性もあるという噂も耳にします。

海外の土足文化では土や砂が落ちるだけにブラシが必須なのですが、日本の住環境ではその必要は少ないです。

そういう意味ではモーターブラシが必須とは一概には言えませんね。もう少し調べる必要がありそうです。