おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

パンケーキMFレンズ フォクトレンダーULTRON 40mm F2がリニューアルされるってよ!

ニコンD40とフォクトレンダーULTRON 40mm F2

dc.watch.impress.co.jp

フォクトレンダー ULTRON 40mm F2というMFレンズがリニューアルされるそうです。

僕は現在コンデジしか使っていませんが、かつてデジタル一眼レフで写真を撮っていました。

いくつかレンズを所有していましたが、最も好きだったレンズがフォクトレンダー ULTRON 40mm F2だったのです。

カニ爪の追加とマクロ強化

パッと見た感じでは、フォーカスリングが少し太めになっていますね。ピント合わせのしやすさが要になるのでこれは良いデザイン変更だと思います。

露出計用のCPU(Ai-S)が内蔵されているのは変わらないのですが、Ai-S対応以前のニコン機でも露出計が動くようにカニ爪がついています。最近のカメラなら不要なパーツなのですが、ちょっとしたオシャレになるかも?

そして現行モデルでは最短撮影距離が38cmで、レンズフードにクローズアップレンズを別途取り付けることで最短撮影距離25cmでしたが、次のモデルからクローズアップレンズなしで25cmのようです。すばらしい!

MFレンズの使い方

ULTRON 40mm F2には絞りリングとフォーカスリングの2種類のリングがあります。

絞りをカメラ側で制御したり、シャッター速度優先などのオートモードを使う場合は、絞りを最小絞り(ULTRON 40mm F2ならF22)まで絞ると動作します。

カメラ本体にAFモーターが搭載されていようとなかろうと、AFは作動しません。ピント合わせはフォーカスリングを使って行います。

MFレンズを使う場合、もしカメラにAFモーターが内蔵されている場合はその機能をオフにしましょう。故障するおそれがあるみたいですから。

ピント合わせはそんなに難しくない

マニュアルでのピント合わせは難しく思われますが、実はそこまでハードルは高くありませんよ。

まずMFを前提とした設計なのでフォーカスリングがとても動かしやすいです。ヌルリと微調整もしやすいです。

それでいてファインダー内にフォーカスエイドというピント合わせの指標となるマークも出ます。選択したフォーカスポイントの被写体にピント合っていればフォーカスエイドが点灯します。これを目安にピントを合わせれば、だいたい失敗することなく撮れます。

そしてフォーカスリングには目安となる距離が刻まれているので、慣れてきたら被写体との距離だけでだいたい合わせることもできるようになってきますよ。

動きのある被写体はやっぱり苦手

やっぱり動きのある被写体はMFだとピント合わせに時間がかかります。

慣れればある程度速くなるのでしょうが、やっぱりAFの方が速いですね。

そのためスポーツやイベント撮影は不向きです。風景やスナップぐらいなら全然いけると思いますよ。

フォクトレンダー ULTRON 40mm F2の作例

現行レンズではありますが、せっかくなのでどんな感じの写りかを見ていただきましょう。

僕はフォクトレンダー ULTRON 40mm F2をニコンD40に着けて使っていました。冒頭の写真はその組み合わせの写真ですね。

このレンズだけで2013年に広島・竹原と御手洗へ旅行に行って写真を撮ってきました。たまゆらの聖地巡礼に行ったのです。

単焦点でしかもMFレンズと心細い装備のように思えましたが、全然難なく撮影できました。

竹原の町並み保存地区

普明閣

日の丸写真館

日の丸写真館のショーウィンドウ

町並み保存地区のポスト

御手洗 新光時計店

結構コントラストと彩度が強い印象です。開放だと周辺減光が目立つのですが、写真の味付けとして良い演出になります。

寄れば結構背景もボケるので表現力もあるレンズだと思います。

そして何よりコンパクトで軽いのでフットワークが良い! この頃からお気軽&身軽なカメラを意識していたんだなぁ……。

デジイチユーザーの皆さんはチェックしてみてください

僕は現在コンデジしか使っていませんので買いませんが、デジイチユーザーの皆さんは新たな体験ができると思って買ってみるのもおもしろいと思いますよ。

もしこれからデジイチを買うなら、このレンズをフィーチャーした使い方をするかもしれませんね。

それぐらい思い出があるレンズです。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D40 レンズキット ブラック D40BLK

Nikon デジタル一眼レフカメラ D40 レンズキット ブラック D40BLK