おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

とれとれ市場から三段壁、千畳敷、崎の湯、白良浜、円月島へ行ってきた!【和歌山白浜旅行1日目】

円月島の夕日

9月末、秋分の日直後25〜26日の1泊2日で和歌山白浜へ旅行に行ってきました。

京都から高速バスに乗って行き、1日目はとれとれ市場で昼食、白浜駅前でレンタカーを借りて三段壁、千畳敷、崎の湯、白良浜、円月島の夕日という行程で観光しました。

とれとれ市場

とれとれ市場

京都から出ている朝8時に高速バスに乗って、お昼前にとれとれ市場に到着しました。

中はこんな感じ。四方八方に海の幸が並んでおります。

生の海鮮はもちろん、乾物や加工品などもありましてお土産探しにもぴったりですよ!

なんち購入したらその場でお刺身に調理してくれるところもあります。

お刺身にしたらばすぐさま食べるもよし、フードコートまで持参するもよしです。

とれとれ市場横丁で昼食

とれとれ市場横丁

そのフードコートへ。とれとれ市場横丁といいます。

市場で買った食べ物を持ってきてもいいのですが、ここにもお刺身や丼ものなどの料理が販売されています。

せっかくですからお刺身で頂きましょう!

こちらエビです。プリップリで大きいですね。頭は素揚げしてあります。

そして切り落とし。端っこの部分を適当に盛り合わせたものです。こういう加工場だからこそのメニューです。

安くいろんな種類のお刺身を食べたければこれですね。

市場でお寿司を買ってきました。これ〆サンマなんですよ。旨味が強い!

マグロの解体ショー

お昼ごはんを食べているとマグロの解体ショーが始まるということで、食べ終わり次第行きました。

始まって数分ですがもうこんなに人垣が!

解体したマグロは早速パッケージされて売り出されます。リアルタイムで商品になっていくのはおもしろい!

「脂がのっている部分はもう少し待ってくださいね〜」と進行次第で買える商品が違うのも趣がありますね。

www.toretore.info

三段壁

白浜駅

とれとれ市場から路線バスに乗って5分ほどで白浜駅まで来ました。

駅前でレンタカーを借りて観光地を巡っていきましょう。ちなみに車種はデミオでした。

三段壁

まずは三段壁(さんだんべき)に到着。クルマだとすぐですね! 無料の駐車場に停めて、ちょろっと歩いて到着です。

展望台からの景色。この断崖絶壁! それでいて海がすごくキレイ! 壮大な景色でございます。

恋人の聖地とやらに認定されているとのこと。確かにこの景色はデートに最適なのかもです。

三段壁洞窟

三段壁洞窟

三段壁には洞窟があり、そこでかつて源平合戦でも戦った熊野水軍が船を隠したという歴史があります。

エレベーターでその洞窟へ入れるのですが1,300円。地味にお金取りますな……ってことでスルー。

足湯

そばには足湯があります。白浜は温泉地ですので至るところに足湯があります。タオルを持っていっておけばいろんなところで入れますね。

三段壁洞窟の建物横を通って歩いていくと三段壁の上部に行けます。

先ほどまでいた展望台も見えますね。

崖も壮大ですが、海の綺麗さが際立つ景色でした!

www.nanki-shirahama.com

千畳敷

千畳敷

続いて千畳敷。クルマなら三段壁からすぐそこです。すぐそばに無料駐車場があります。

表面はシャリシャリでヘラがあったら簡単に削れるレベルです。うねうねしてておもしろいですね。

荒波によって侵食された地帯でして、地層がはっきりと見て取れます。

そしてやっぱり海が綺麗! 三段壁よりも海に近づけます。

www.nanki-shirahama.com

千畳茶屋で休憩

千畳茶屋

千畳敷にある千畳茶屋に入って少し休憩しました。

オレンジ味のソフトと、その下には果肉入りのオレンジ氷が入っています。

この日はとても暑かったのでかなりの美味でした! 疲れがふっ飛びます。

崎の湯

崎の湯

せっかくの温泉地ですから、外湯も巡りたいですよね。崎の湯へ行きました。

近くまで行くとクルマの中まで硫黄の臭いが立ち込みます。内気循環に切り替えた方が吉ですね。

こじんまりとした露天風呂でして、お湯は結構ぬるめでゆっくり入れるタイプです。程よい気温だったら眠たくなってくる感じです。

石鹸の使用が禁止なので身体は洗えません。かけ湯だけしてのんびり浸かりましょう。海を一望できるので気持ちいいですよ。ただ、男風呂の暖簾が潮風でめくれて脱衣所が外から丸見えなのはいかがなものかとw

入浴は500円。貴重品用のコインロッカーと小さいタオルが有料です。バスタオルの貸出はありませんが、小さいタオルでざっと身体拭くだけでOKでした。冬場は持っていった方が無難でしょうかね。

www.nanki-shirahama.com

白良浜

白良浜

白良浜(しららはま)へやってきました。周辺に駐車場はありますが、夕方5〜6時ぐらいには閉鎖しちゃうところが多いですね。

日没まで停めるなら周辺のコインパーキングとかに停めるといいでしょう。

海水浴シーズンは過ぎているのですが、結構水着で遊んでいる人がいましたね。

僕も裸足になって波打ち際をパシャパシャ歩きました。

この日はとても暑かったのでとても気持ちがよかったです!

それにしても白良浜の砂はサラサラで綺麗ですね。真夏に泳ぎに来るのもきっと楽しいでしょう。

www.nanki-shirahama.com

つくもと足湯

裸足で歩いたので足を洗いたいな〜と思って歩いてたらつくもと足湯に辿り着きました。

そばに足を洗う用のホースもあり、足湯でリラックスできちゃいます。これはいいですね。

円月島の夕日

日が暮れてきたので円月島の夕日を見に行きましょう。

円月島

こちらが円月島。本来ならば臨海方面まで足を伸ばした展望地まで行って見るべきですが、白良浜すぐ近くの御船足湯の付近から見ました。

僕が行った秋分の日頃は、夕日がそのまま円月島の穴にスポッと入る可能性が高いとのこと。そのためには展望地まで行く必要があるのですが、人が多いんじゃないかと思いゆっくり見られる場所を選びました。

円月島の夕日

というわけで夕日が沈んでいくシーンと円月島のシルエットを撮ることができました。この撮影した時間は17時45分頃。秋分の日頃に夕日を見たい人はこの時間に行くといいですよ〜。

www.nanki-shirahama.com

2日目はアドベンチャーワールドへ

その後はレンタカーを返しに行って、レンタカー屋さんにそのままホテルまで送迎してもらいまして1日が終了です。晩ご飯はホテルでの食事でございました。

2日目はパンダに会いにアドベンチャーワールドへ行ってきましたよ。それは次の記事にて。