読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきがるみがる

お気軽&身軽に生活・仕事・趣味を楽しむ雑記ブログです。一応スナップ写真がメインです。

ウイニングポスト8 自家生産馬で序盤を攻略する方法

ウイニングポスト8 2017の発売から1週間が経ちました。皆さん、G1レース勝ってますか?

ゲーム初心者の方の中には「なかなかレース勝てないんですけど……」「金が無くなってきたんですけど……」って人もいらっしゃるかと思います。

僕はウイポ8は2015からプレイしてまして、確かに1番最初のプレイ時は苦戦しましたが、ちょっとしたコツがあります。

最初のプレイ時はお守りも少ないですし、「自家生産馬で頑張ろう!」って人は、これからお話しする方法を実践してみてはいかがでしょうか。

完全なる攻略法ではありませんが、なかなかG1レースは勝てなくても、安定した牧場経営ができるかもしれませんよ。

競走馬を入手するイベントでは牝馬優先

ゲームを開始すると、最初に幼駒セールで1頭購入します。他にも序盤は幼駒や競走馬を買えるイベントがあります。

ここでは牝馬を優先して手に入れましょう。牝馬は好成績を残せなくても繁殖牝馬にすることができるからです。牝馬は牧場の基礎です。

たとえ競走馬としては微妙な牝馬でも、繁殖牝馬として大成することもあり得ます。

一方で牡馬の場合、成績を残せなければ引退後は何も残りません。お金が少ない序盤は、なるべく資産として残る牝馬を優先して入手しましょう。

種付けは爆発力→配合評価でソート

種付けは配合評価と爆発力を指標にします。血統の知識がなくても強い馬を生産することが可能です。

配合評価の高い種牡馬の中でも爆発力が高い馬を選択します。爆発力→配合評価の順番にソートして1番上に表示された種牡馬を選べばOKです。

ただし、危険度には注意してください。危険度が1〜2個ぐらいならまだセーフですが、なるべく危険度がゼロの種牡馬を選んでください。

もちろん、配合評価や爆発力が高いからと言って必ずしも強い馬が産まれるとは限りませんので、あまり縛られなくても大丈夫です。

多少配合評価が劣っても、G1を勝ちまくった強い馬だったり、リーディングサイアーを取るような種牡馬を種付けするのも良し、脚質や距離を考慮しながら選ぶも良しです。

ちなみに、史実馬の繁殖牝馬で配合評価が☆の種牡馬を種付けすると史実馬が誕生します。

ここで史実馬をつくるかつくらないかはプレイヤー次第です。その史実馬が誕生しなければ、当然その子である史実馬も生まれませんので、競馬の歴史がガラリと変わりますよ。

幼駒の評価は河童木と美香の印でジャッジ

4月1週に幼駒が誕生します。

この時に幼駒の評価をチェックしましょう。秘書、牧場長、河童木、長峰、美香の5人の印があるのですが、重視すべきは河童木と美香の2人です。

この2人の印はスピードの素質の指標になります。スピードに加えて、河童木は成長度、美香はサブパラメーターの指標になるそうです。印が付いているということは少なくともクラシック競争に出走できるレベルだと思っていいでしょう。

ちなみに、長峰はスピードと人気度で印がつくそうですが、自家生産馬ではなかなか無いですね。史実馬にはよくついています。

8月1週の幼駒セールで間引き

8月1週に幼駒セールがありますので、そこで4月に産まれた幼駒を売ります。

僕の場合は美香に◎や◯がついている幼駒は残して、それ以外の幼駒は売ります。素質のある馬はレースの賞金で、平凡な馬はドナドナしてお金を作っていきます。

レースで勝てない内はこれが主な資金源になります。牝馬を優先して入手するのはこの時の為です。繁殖牝馬が多ければ多いほど幼駒も多く産まれ、資金調達のチャンスが増えるというわけです。

10月1週の繁殖牝馬セールで高額馬を購入

幼駒だった牝馬が競走馬から引退して繁殖牝馬になるまでは結構時間がかかります。

そこで繁殖牝馬セールで手っ取り早く牝馬を増やしましょう。

繁殖牝馬については投資しましょう。G1ホースや良血馬は購入するにはお金もかかりますが、そのぶん産まれてきた幼駒の評価額も高くなります。

評価額の高い幼駒を長く産んでもらうために、高額且つ若い牝馬を買いましょう。入手に数億円ぐらいかかっても、幼駒の生産で十分元を取れます。

11月2週のイベントで調教師とのコネをつくる

素質のある幼駒を所有していると、11月2週に調教師が「うちに預けてくれ!」とお願いしてくるイベントが発生します。

優秀な調教師に自慢の幼駒をお願いできますし、繋がりが生まれますのでそれ以降も幼駒を預けることができます。

注意したいのはイベントをスルーして次週に進んでしまうこと。僕もしょっちゅうやらかします。

建設について

牧場の建設コマンドでは、まず角馬場や坂路など育成上の施設を充実させます。

そして牝馬の保有数を増やせる厩舎や、怪我の確率を減らす獣医施設を優先して建設しましょう。

ただし、建設には結構お金がかかりますし、完成した後も維持費がかかりますので、破産しないように計画的に建設しなければいけません。

ちなみに、所有競走馬が種牡馬入りの可能性が出てきたら建設できる種牡馬繁用施設は、最大レベル(名声1000以上が必要)にすると海外の種牡馬の種付けが可能になりまして、配合の幅がかなり広がりますよ。

おわりに

クラシック三冠や古馬戦線など、競馬は牡馬の方が派手でおもしろいですが、まずは牝馬を集めて牧場を賑やかにすることが大事です。

これに気付いて以来、僕はゲームを新しく開始したらまず牝馬を揃えます。これで攻略してきました。

2017ではデータ引き継ぎでULTIMATEモードでもヌルゲー化していますが、この攻略法を確立すべく、自ら実践してみせるべきですよね。

今のプレイが一段落したら実践編を公開しようと思います。

※実践しました!

www.okigaru-migaru.net