おきがるみがる

お気軽&身軽に生活・仕事・趣味を楽しむ雑記ブログです。一応スナップ写真がメインです。

山科・御陵駅周辺にある文化財と歴史散歩

f:id:shimehitsu14:20170213150343j:plain

今回は山科の御陵(みささぎ)駅周辺の歴史散歩です。

駅の名前の由来となった天智天皇陵や、前回で五条別れ道標まで歩いた旧東海道を最後まで進みます。

冒頭の写真は遍昭僧正が創建に関与し、元慶寺の鎮守社と六所神社です。ぶっちゃけると僕の家はこのすぐ近くにあります。

www.okigaru-migaru.net

このカメラ紹介で使った写真は、この六所神社で撮ったものです。僕のちょっとした遊び場みたいになってます。

※前回の記事はこちら

www.okigaru-migaru.net

天智天皇陵

f:id:shimehitsu14:20170211161950j:plain

地下鉄御陵駅は、近くにある天智天皇陵に由来します。天智天皇は中臣鎌足と大化の改新を成し遂げた中大兄皇子で、百人一首の第1番を飾る人物です。

天智天皇の宮は近江大津宮なのですが、そこから山科へ行ったまま帰ってこず、探すとこの地に天皇の靴が落ちていたからこの地に陵を造立したという伝説もあります。

陵墓は上円下方形で、上円部は八角形を成しており、御廟野古墳とも呼ばれています。多くの天皇陵では被葬者が不確実な中、天智天皇陵は被葬者がほぼ確実な天皇陵です。

f:id:shimehitsu14:20170211162004j:plain

日本で初めて漏刻(水時計)を設け、時を告げさせたという天智天皇の故事にちなんで、入り口には石製の日時計が置かれています。何で水時計じゃないんですかね?

妙王寺

f:id:shimehitsu14:20170211162532j:plain

御陵の東方、山科疏水近くの住宅地内にある妙王寺は、天智天皇社の神宮寺の陵道山・明王寺が黄檗宗に改宗し、名を改めたものです。

旧東海道

f:id:shimehitsu14:20170214112916j:plain

旧東海道は、天智天皇陵の辺りで府道を挟んで対面にある細い道から入ります。

f:id:shimehitsu14:20170214112936j:plain

道なりに進んでいくと途中で大石道との交差点に辿り着きます。

正面の急さな坂道が旧東海道で、後述する亀の水遺跡や、日岡峠へはこの道を進みます。

後述する元慶寺や清水焼団地へは、この交差点を左へ進みます。

f:id:shimehitsu14:20170211162044j:plain

旧東海道と現在の東海道(三条街道)の合流地点です。後述する日岡峠は、この地点から山科方面に少し坂を下ったところにあります。

亀の水の遺跡

f:id:shimehitsu14:20170211162100j:plain

旧東海道の途中、大石道との交差点から坂道を上った左手に亀の水の遺跡があります。

峠の改修を行った木食上人が庵を結び、旅人に湯茶接待をした梅香庵(木食寺)の跡といい、水が石刻の亀よりしたたることから亀の水と称したといいます。

木喰上人とは、木食修行をした僧侶の総称で、この工事の代表者は木食養阿です。彼は、1734年に口上書を提出し、急路であった峠道の改修を行いました。

しかし、亀の水の遺跡は現在私有地となって立入禁止の状態であり、草木が生えっぱなしで廃れた状態です。貴重な遺跡ですから何らかの策を打ってメンテナンスしてほしいですね。

日岡峠

f:id:shimehitsu14:20170211162016j:plain

東海道を京都に入る最後の峠が日岡峠で、抜ければ京の七口の1つ粟田口へと至ります。古代から、東国と京を結ぶ交通の要衝として重要視された道です。

この辺りはかつて京阪京津線が走っており、地下鉄東西線開通に伴い廃線、その路線敷を利用した広場に車石の様相などが再現されています。

車石は旧東海道の道に敷かれた石畳で、牛車の頻回な交通によって轍が刻まれたものです。

f:id:shimehitsu14:20170211162032j:plain

なぜ車石のモニュメントがこの地にあるかと言いますと、1875年の修路事業と1933年の京津国道改良工事が行われ、その工事の際に多数の車石が出土したのです。

修路碑が峠の南側山麓にひっそりと、改良工事記念碑が府道143号線を旧東海道の分岐点から少し東に行ったところに立っています。

改良工事記念碑の土台には車石が使われています。

元慶寺

f:id:shimehitsu14:20170211162123j:plain

元慶寺は僧正・遍昭を開基とする寺院で、869年の陽成天皇誕生を機に、草創発願をしたものとされています。

読みは元号から察すれば「がんぎょうじ」なのですが、地元の人は「がんけいじ」と呼んでいますね。

御陵駅からは少し距離がありますので地図を確認しながら徒歩で来られるか、あるいは京阪バスに乗って北花山バス停で降りるといいでしょう。

f:id:shimehitsu14:20170211162129j:plain

元慶寺は花山寺ともよばれ、藤原兼家・道兼父子の策略で、986年に花山天皇が譲位して、出家した寺としても知られています。花山法皇にちなんで、西国三十三ヵ所観音霊場の番外札所となっています。

伽藍は後世の兵火で焼亡し、現在の建物は安永年間(1772〜1781年)の再建と云われています。

遍昭墓

f:id:shimehitsu14:20170211162155j:plain

元慶寺の南西に宮内庁が管理する遍昭墓があります。

遍昭は桓武天皇の孫にあたり、六歌仙の1人で百人一首にも選ばれた歌人でもあります。

清水焼団地

f:id:shimehitsu14:20170213155445j:plain

遍昭墓から1kmほど南西にある、川田清水焼団地町は、五条坂から移転した清水焼の窯元が集まっています。

団地内にある京焼・清水焼工芸館では、作品の展示や販売が行われ、清水焼団地共同組合へ申し込めば、手びねりや絵付けも体験できるそうです。

御陵駅からはかなり距離がありますので、京阪バスで上花山久保町、川田、清水焼団地のいずれかのバス停で下車してください。

参考文献

京都府の歴史散歩〈中〉

京都府の歴史散歩〈中〉

次は山科本願寺や蓮如上人ゆかりの史跡!

www.okigaru-migaru.net