おきがるみがる

お気軽&身軽にスナップ写真を楽しむ雑記ブログです。はてなブログテーマ Sentenceの配布も行っております。

山科・小野駅周辺にある文化財と歴史散歩

f:id:shimehitsu14:20170213154051j:plain

今回は京都・山科の地下鉄小野駅周辺の史跡や神社仏閣を巡ります。

勧修寺と随心院は山科の中でも大きな寺院で、季節の花も楽しめるので見応えのある地域ではないかと思います。アクセスも比較的容易ですしね。

冒頭の写真は随心院の南東にある醍醐天皇陵です。

南にある醍醐寺が醍醐天皇の勅願寺ということもあり、ゆかりの地域だったことから御陵造立の地に選ばれたんでしょうかね。

※前回の記事はこちら

www.okigaru-migaru.net

随心院

f:id:shimehitsu14:20170213154841j:plain

随心院は地下鉄小野駅の東側にあります。

雨僧正とも呼ばれた真言小野流の祖・仁海が991年に開いた牛皮山曼荼羅寺にはじまり、子院随心院に住した5世増俊が寺観を整えました。

1229年、7世親巌が門跡号を与えられ、随心院が同寺を管掌、門跡寺院としておおいに栄えました。

応仁・文明の乱で大きく衰微し、一時は小野の地も離れましたが、1599年に豊臣秀頼の援助を受け、旧跡に再興されました。

f:id:shimehitsu14:20170213154904j:plain

本堂は慶長時の再建で、多くの国重文を所蔵し、随心院境内として国史跡に指定されています。

小野小町の伝承

f:id:shimehitsu14:20170213154949j:plain

随心院は小野小町の伝承を伝えます。

小野化粧井と呼ばれる井戸があり、小町がここで化粧をしたと伝えられています。

この辺りは深草少将が百夜通いした小町の屋敷跡と云われています。

f:id:shimehitsu14:20170213154959j:plain

境内には小町が好んだカヤの木が植えられています。

その手前には仁海僧正供養塔があります。

f:id:shimehitsu14:20170213155008j:plain

小町への恋文を埋めたという文塚があり、他にも小町への恋文を張り合わせて作ったと伝える小町地蔵もあります。

歓喜光寺

f:id:shimehitsu14:20170213155100j:plain

随心院の北東、奈良街道を北上して市立大宅中学校の東隣に歓喜光寺があります。

1975年東山五条から現在地に移転されたもので、一遍の弟子・聖戒を開基をしています。

1291年、綴喜郡八幡(現在の八幡市)に善導寺の名で創建され、1299年関白九条忠教の庇護で六条東洞院に移り、歓喜光寺と改めました。

応仁・文明の乱後に烏丸高辻に移転し、豊臣秀吉の天正地割で四条京極に移転、明治時代に境内の鎮守社天満宮と分離し、東山五条の法国寺としました。残った天満宮が、隣のビルに鳥居の端がめり込んでいることで知られる錦天満宮です。

f:id:shimehitsu14:20170213155109j:plain

古くは、その所在地から六条道場と称され、時宗六条派の拠点でした。

本堂は、1601年建立の旧法国寺本堂を移築したもので、府有形文化財に指定されています。

大家廃寺跡

f:id:shimehitsu14:20170216150228j:plain

西隣の大宅中学校からその北側一帯は、奈良時代の古代寺院跡である大宅廃寺跡です。

名神高速道路建設に伴う発掘調査で瓦積み基壇の金堂跡や踏跡が見つかり、大宅中学校開校に伴う発掘調査では掘立柱建物跡が出土しています。

中臣鎌足創建の山科精舎に比定する説もありますが、地元の豪族・大宅氏の氏寺と見る説が強いです。

大宅寺

f:id:shimehitsu14:20170213155206j:plain

大宅中学校の東北には大宅寺という名の寺院がありますが、大宅廃寺を直接継いだものではなく、江戸時代に宮道彌益(みやじいやます)夫妻追善の為に創建された寺です。

境内には宮道彌益夫妻の墓と伝える五輪塔があるそうです。

勧修寺

f:id:shimehitsu14:20170213154259j:plain

小野駅を挟んで、随心院とは反対の西側に勧修寺があります。勧修は、地名的に「かんしゅうじ」と呼びたいところですが、「かじゅうじ」と呼ぶ方が良いっぽいですね。

醍醐天皇が生母・藤原胤子追善の為に、胤子の外祖父・宮道彌益の邸宅跡を、900年、右大臣・藤原定方に命じて寺に改めたものです。

942年に敦実親王の子・雅慶大僧正が入寺してからは、皇室からの入寺が相次ぎ、後伏見天皇の皇子・寛胤親王からは門跡寺院となり、おおいに栄えました。

応仁・文明の乱で焼亡し、豊臣秀吉の伏見街道(東海道)設置で寺地も削られました。

f:id:shimehitsu14:20170213154517j:plain

1682年の霊元天皇皇子・済深法親王の入寺により、東大寺大仏殿再建の功による寺領の加増や、明正天皇旧殿の下賜などを受け、伽藍が再整備されました。

現存する本堂などはその際のもので、書院は入母屋造・杮葺きで国重文、宸殿と本堂は入母屋造・桟瓦葺きで市指定文化財です。

f:id:shimehitsu14:20170213154312j:plain

氷室池を中心とする庭園も江戸時代に再整備されたもので、池のハスや書院南庭のハイビャクシンなどで知られています。

また、当寺のの門前には1804年建立の道標があり、伏見や大津への道を示しています。

宮道神社

f:id:shimehitsu14:20170213154610j:plain

勧修寺の南側に宮道彌益を祀る宮道神社があります。

吉利倶八幡

f:id:shimehitsu14:20170213154643j:plain

宮道神社の南方の八幡山には吉利倶八幡があります。吉利倶は「きりく」と読み、境内のスギを伐採したところ、阿弥陀如来の種子・キリークが現れたという伝承をもちます。

本殿は1695年の再建で、市内では珍しい切妻造の社殿で、市有形文化財に指定されています。

藤原胤子の小野陵

f:id:shimehitsu14:20170213154820j:plain

勧修寺の南西の鍋岡山の山上には、宮道列子を妻とした藤原高藤の墓があるそうです。宮道列子は宮道彌益の娘であり、藤原胤子を産んだ人物です。

勧修寺より西、名神高速道路の北側には、藤原胤子の小野陵があります。

ちなみに、宮道列子の墓はさらに北方の中臣遺跡や坂上田村麻呂墓の近くにあります。

明智光秀胴塚

f:id:shimehitsu14:20170213161748j:plain

勧修寺より、門前の道を南へ下ったところに、明智光秀胴塚と呼ばれる伝承地があります。

明智光秀は天王山の戦いの最後、京都へ逃げ延びる途中、小栗栖の竹藪で農民に殺害されます。その竹藪は明智藪として伝えられています。

参考文献

京都府の歴史散歩〈中〉

京都府の歴史散歩〈中〉

次は大宅一里塚から奈良街道を歩く!

www.okigaru-migaru.net