おきがるみがる

「お気軽&身軽」をテーマにした雑記ブログ。趣味はコンデジでスナップ写真です。

2018年冬のインデックス投資(つみたてNISA)リバランス報告

2018年ももうすぐ終わり。つみたてNISA(インデックス投資)のリバランスをしましょう。

リバランスとは、資産を買い増ししたり売り崩したりして投資開始時に設定した資産配分に戻すことです。

www.okigaru-migaru.net

1年に1回ぐらいのリバランスで良いのですが、僕は夏と冬の2回に分けてます。なんとなくです。

インデックス投資では売り崩さず、買い増しのみでリバランスを行います。売ると利益分に税金がかかってしまいますし、つみたてNISAですと投資枠が限られているだけにもったいないです。

www.okigaru-migaru.net

僕の投資するポートフォリオはこの記事をご覧ください。

では1年間投資した結果、資産はどうなったのでしょうか。

12月1日時点の資産配分

www.okigaru-migaru.net

12月1日時点の評価額を元にしてリバランスを行います。

計算した結果こんな感じになりました。

日本債券は今回のリバランスで3万円投資して1年間トータル10万円分、これが20%になるように他の資産を調整します。

うーむ、新興国株式は含み損が大きいのですが、含み益が出ている先進国株式より比率が上ですね。

夏のリバランスでは少し多めに投資はしていますが、こういう結果にはならなそうなのですがね……。

おそらく日本債券を含めるか否かの比率の違いから生じた現象なのかもしれません。でもまぁ今回の積立で帳尻を合わせましょう。

そういうわけでリバランス投資です。12月3日の予定でしたが、つみたてNISAの設定変更が遅くなったため12月7日付けの注文となりました。

ファンド 基準価額 投資額 買付口数
ニッセイ外国株式インデックスファンド 14,623円 28,000円 19,148口
ニッセイ新興国株式インデックスファンド 8,792円 12,000円 13,469口
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスF 24,665円 10,000円 4,055口

今のところ主力は先進国株式ですね。新興国株式の爆発力に期待したいところですが、まだまだ下落のリスクの方が大きい問題児ですね。

これに加えて12月21日の定期的な積立を行い、2018年分は終了です。

www.okigaru-migaru.net

このつみたてNISA(インデックス投資)の定期更新は今年いっぱいで終了するということで、次の積立と年末時点の資産運用レポートの2記事で一段落させるつもりです。

今後はつみたてNISAやインデックス投資の啓発記事を書いていこうと思っていますので、これからもよろしくお願いいたします。