おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

新婚旅行でイタリアへ行ってきた 〜エミレーツ航空で渡航&ベネチア散策編〜

www.jiji.com

イタリアのベネチアが悪天候の影響で記録的な冠水に見舞われているとか。アクア・アルタと呼ばれる現象です。

そしてタイムリーなことに、10月8日から5泊7日でイタリアへ新婚旅行に行ってきました。行き先はベネチアとローマで2泊ずつです。

H.I.Sのネット掲載のフリープランに、送迎とオプショナルツアーをプラスしました。夫婦共に初海外旅行です。

そういうわけで旅行記をば。長いので4記事に分けます。まずは1〜2日目の、日本出発からドバイ経由でベネチアに到着して散策した記事でございます。

エミレーツ航空で関空からドバイ経由でベネチアへ

まずは関西空港からエミレーツ航空でドバイへ向かいます。

天井がキラキラしてて綺麗でしたよ。さすが金持ちの国、ドバイの航空会社です。

23時45分からのフライトなので普段なら就寝準備のする時間。

そんなわけで家で晩ごはんを食べてきたのですが、早速時差の洗礼と言うべきか晩ごはんが出てきましたw

メインは「ビーフorフィッシュ」的に選べます。座席についた時にメニューが渡されますのでそれを見てCAさんに伝えます。

あと朝ごはんもしっかり出ました。しっかりとした量で出てきますしおいしかったですよ。

ドバイ到着

4時50分にドバイ到着。ここからベネチア行きの飛行機に乗り継ぎします。

さすが金持ちの国。近未来感がすごいです。

ドバイ国際空港

早朝から空港内のお店は賑わっております。出発は9時5分と4時間近く待機時間があったのですが困りませんね。

現金は日本円とユーロしか持っていませんのでお買い物はクレジットカードで。ちなみにドバイの通貨はAED(UAEディルハム)です。

時間になりベネチアへ向かいます。途中でお昼ごはんも出ました。

関空〜ドバイの時よりもモニターが最新式のものになりました。

www.youtube.com

このモニターにはアナウンスの他、「ice」というコンテンツを楽しめます。

映画やテレビ番組、音楽、ゲームなどを楽しめます。日本語吹替の映画やJ-POPも聴けますし、NHKも観られましたよ。

あと気になったのが離着陸の際に上の紹介動画が流れますので、14秒ぐらいに出てくるヒゲのおっさんのうざスマイルを何回も見ることになりますw

陸が見えてきました。いよいよベネチアへ降り立ちます。

ベネチアへ到着

13時25分にベネチアのマルコポーロ空港に到着し、H.I.Sで依頼していた送迎車にてベネチアのサンタ・ルチア駅前辺りまで移動してきました。

ベネチア本島からはクルマは通行できないので水上タクシーに乗り継ぎます。

ホテル ベラ・ベネチア

リアルト橋付近で水上タクシーを降り、案内されながら今回泊まるホテル ベラ・ベネチアへ到着。

想像していたよりも細い路地沿いにありました。これ、案内が無かったら見つけるのに苦労しますね。

朝食の時に同じホテルに泊まっていた日本人旅行客から「ホテルの場所、すぐにわかりました? わかりづらいですよね」と聞かれたぐらいです。

ベラ・ベネチアは4つ星ホテルです。日本のビジネスホテルぐらいのクラスを求めるならば4つ星ホテル以上を選ぶべきとのこと。それぐらい日本のホテルの基準は高いということですね。

ベネチア散策

ではベネチア散策といきましょう。

Googleマップである程度位置関係を予習していたとはいえ、これ程までに道が狭いとは……。

まずは土地勘を少しでもつかむために歩かねばです。

到るところに運河が走っており、ゴンドラが往来しております。

狭い道にこれでもかとお店が敷き詰められています。観光都市なんだなぁと思うぐらいお土産屋さんだらけです。

サンマルコ広場を囲む旧行政館。何やら工事中のご様子。

サンマルコ広場

トンネルを抜けるとそこは……

サンマルコ広場

サンマルコ広場に到着です! 広い! 建物が高い!

街並みがいちいち綺麗です。

ゴンドラが駐車(?)されています。この木の棒にくくりつけて流されていかないようにしているんですね。

サンマルコ広場にはいくつかカフェがあり、その前では演奏が行われています。賑やかですよ。

旧行政館、新行政館の1階部分はお店が入っておりますして、サンマルコ広場でも買い物が楽しめます。

リアルト橋

リアルト橋

サンマルコ広場から引き返し、リアルト橋までやってきました。

リアルト橋はかなり巨大な橋でして、橋の上にお店が立ち並んでいます。

リアルト橋の上にあるレ・ペルレ。ベネチアンガラスを使ったアクセサリーが売られているお店です。

結構不思議だったのが、犬を連れている人のほとんどがリードで繋いでいないこと。日本の都会ではなかなかあり得ないですよね。

ベネチアは住所の番地がわかりやすく表示されています。

対岸に出てきました。

ベネチアにも野良猫がいました。

イタリアに来たならばジェラートを食べねば。ということで通りかかったお店でジェラートを食べることに。

食べ歩きです。うまいですね。ジェラート屋さんはいたるところにありますよ。

謎の石像。

ため息橋へ

リアルト橋まで戻ってきました。日没までもう少し時間があるのでもう少し散策します。

ベネチアの建物にはやたらと聖者たちの石像が集結しています。

F.G.Bというガラス製品屋さん。ガラスワールドと銘打っています。

広場にぽつんとある建物なのが特徴。

あちこちに教会がありまして、どれがどの教会かはほとんど識別してませんw

徐々に灯りが点き始めたサンマルコ広場。

暗くなってきましたね。奥に見えるのはサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会だと思います。

ため息橋です。囚人が投獄される前、最後にヴェネツィアの景色を見てため息をつくことからこの名が付いたとか。

プロメッシ・スポーズィで晩ごはん

さて、晩ごはんを食べに向かいます。サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂です。

Googleマップを駆使して予約しているお店を目指します。

プロメッシ・スポーズィというお店です。

アプリを使って「予約した○○ですが」とイタリア語で喋ってみたけどいまいち通じずw それでも汲み取ってくれて席へ案内されました。

ベネチアに来たならこれを食べないと、ってことでイカ墨のスパゲッティ

人生初のイカ墨のスパゲッティでしたが、想像よりも臭くないんですね。それよりもコクがあってこれは美味い!

日本で食べるイカ墨のスパゲッティもこんな感じなのでしょうか。絶品でした。

魚介のフリット。これもおいしかったのですが、塩分がきつい上に油が胃に猛アタック! 少し残してしまいました。

夜のベネチア散策

お店を出る頃には真っ暗になっていましたので夜のベネチア散策となりました。

夜のサンマルコ広場。綺麗ですね〜。

サンマルコ寺院もライトアップされています。

夜でも演奏しています。良き雰囲気でございます。

そんな感じでホテルへ戻って移動の疲れを取るべく休息です。

次のベネチア観光編へ続きます。

www.okigaru-migaru.net