おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

イオンカードセレクト利用者の普通預金金利0.1%の条件が改悪された件

www.okigaru-migaru.net

つい2ヶ月前にイオン銀行の普通預金金利が0.1%がなるからとイオンカードセレクトを発行したという記事を書きました。

普通預金金利0.1%はあくまでイオンカードセレクトの特典だから、改悪されないかという懸念について

すぐに特典終了や改悪の可能性は少ないと予想します。

とか言ってたのに早速改悪されましたwww

ステージ制により普通預金金利が変動

まずイオンカードセレクトの普通預金金利0.1%は2018年6月30日で終了するという注意書きがあります。

ただ、完全にこの特別金利が消滅するというわけではなく、利用状況に応じて変動するステージ次第で金利が変化するシステムに変わりました。

プラチナステージで1.2%になりますが、0.1%を維持するにはシルバーステージの条件をクリアしなければなりません。

シルバーステージの条件はスコア50点以上

ステージは利用状況に応じて加算されるスコアで変動し、シルバーステージの条件は50点必要です。

この手のポイントってショッピングでの利用やリスクのある金融商品を買うと加算されますよね。銀行側にとって儲けになるお客さんに金利を優遇するという仕組みです。

僕のように預金だけで使用する場合、ノーリスクで0.1%金利の恩恵を受けることができるでしょうか。答えはイエス。

  • イオンカードセレクトの契約:10点
  • インターネットバンキングの登録:30点
  • 積立式定期預金の口座振替:10点
  • 外貨預金残高1円以上:10点

イオンカードセレクトを持っていてインターネットバンキングを登録するだけで毎月40点は入ります。

あとは何か積立式定期預金を使えば10点追加で50点に届きます。積立式定期預金は積立期間を指定して毎月一定額積み立てるタイプの定期預金です。この定期預金だと0.15%でよりおいしいです。

でも満期まで引き出せないという流動性のリスクはあります。それを嫌うのであれば外貨普通預金でNZドルを1通貨だけ買って置いとくだけでも10点になるかと。為替リスクはありますが100円もかけませんし、運が良ければ増えますよ。

今後も高金利には変わりない

改悪ではありますが0.1%にするための条件はギリギリノーリスクでクリアできますので、高金利な預金口座としての候補には留まることでしょう。

ただ、条件としては楽天銀行でマネーブリッジ(楽天証券と連携)した方が早くてリスクゼロです。銀行口座としても楽天銀行の方が何かとメリットは多いですからね。

せっかく発行したのでイオン銀行使い続けますので、これ以上の改悪は勘弁してくださいってところですね。