おきがるみがる

「お気軽&身軽」をテーマにした雑記ブログ。趣味はコンデジでスナップ写真です。

【SBI損保の自動車保険】自転車事故補償から個人賠償責任補償へ見直し

www.okigaru-migaru.net

自動車保険の更新時期になりました。去年からイーデザイン損保からSBI損保に切り替えまして、今年もそのままSBI損保で更新です。

SBI損保に切り替えたのは自転車事故補償を付けたかったから。ただ、本当に必要なのかが気になってきました。

というのも、自転車に乗る機会がめっきりと減っちゃいまして、余分な保険料を払っているような気がしてなりません。

かと言って、京都市は自転車保険の義務が条例で定められていますので、何の補償もなしに自転車に乗るのは条例違反になっちゃいます。

そこで同じSBI損保の特約で、幅広く使える個人賠償責任補償へ切り替えました。

個人賠償責任補償と自転車事故補償の違い

いずれも補償されるのは損害賠償。事故を起こして責任を問われた際、SBI損保の場合は上限1億円まで補償されます。

自転車事故補償の場合は自分が自転車を運転している時に起こした事故に限るのに対し、個人賠償責任補償であればどんな事故でも補償を受けられます。

損害賠償に限って言えば、個人賠償責任補償の方が対象が大きい分お得です。

傷害補償は自転車事故補償でしか受けられないが……

個人賠償責任補償にない自転車事故補償のメリットは傷害補償

自転車事故を起こして自身が怪我をした場合、自動車保険の傷害補償と同額が補償されます。僕の場合は3,000万円に設定していますので、上限その額まで補償されます。

しかし、自転車で自身が加害者となる場合は対物か歩行者、自転車の運転手の場合がほとんど。その時に傷害保険がないと払えないぐらいの怪我を負うのかどうか……。

万が一大怪我を負った場合も、健康保険の高額療養費制度を使えば出費を抑えられます。

これらの点から自転車事故補償で傷害補償をカバーするよりも、貯蓄や他の保険で補う方がいいでしょう。

個人賠償責任補償の保険料

特約 保険料 特約の保険料
なし 60,640円 0円
個人賠償責任補償あり 62,450円 1,810円
自転車事故補償あり 64,290円 3,650円
上記補償両方セット 65,620円 4,980円

基本となる保険料と、それに個人賠償責任補償と自転車事故補償の特約を付けた場合の保険料です。

諸々の条件は省略しますが、今年度は60,640円の保険料です。走行距離がちょっと伸びちゃって去年より割高です。

個人賠償責任補償は1,810円プラスで付けられるのに対し、自転車事故補償は3,650円と倍近くかかります。

SBI損保の場合、これら両方をセットで契約すると1,330円お得になります。結構お得な気がしますが、自転車事故補償の分が余分に感じますね。

むしろ個人賠償責任補償がお得なんでしょうね。この保険料であらゆる損害賠償のリスクに備えられるわけですから。

そういうわけで今年度は自転車事故補償を外し、個人賠償責任補償を付けて62,450円で自動車保険を更新いたしましたとさ。