おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

日商PC検定データ活用2級に合格するための勉強方法

www.kentei.ne.jp

日商PC検定データ活用2級を受験して合格しました。

独学でFOM出版から出ている公式テキストだけで勉強しましたが余裕の一発合格でした。

これから資格取得を目指す方へ、受験方法から勉強のポイントを伝えます。

日商PC検定とは

日商PC検定とは、日本商工会議所が主催するパソコン検定です。

パソコン自体の知識というよりも、オフィスソフトを使った実務の知識を問われる試験です。

分野は文書作成、データ活用、プレゼン資料作成の3つがあり、順番にマイクロソフトオフィスのワード、エクセル、パワーポイントのスキルが問われます。

MOSとの差

同じマイクロソフトオフィスに関する資格としてマイクロソフトオフィス・スペシャリスト(通称MOS)があります。

MOSはあまり使わない機能も含めてソフト全体の知識を問われるのに対し、日商PC検定は仕事で実際に使う知識に限定しています。

個人的にはワード、エクセル、パワーポイントに関してはMOSよりも日商PC検定の方が資格として有効だと思います。アクセスとアウトルックエクスプレスはMOSでいいでしょう。

日商PC検定の受験方法

日商PC検定は随時試験が行われており、開催している会場によって受験日が異なります。

公式サイトで試験会場を調べることができるので、とりあえず近くのパソコン教室をチェックしましょう。

あらかじめ調べておいた方がいいのがマイクロソフトオフィスのバージョンです。勉強してきたバージョンと試験のバージョンが違うと操作方法が大きく異なるかもしれませんから。

受験申込みの流れ

試験会場によって違うと思いますが、今回の僕の例をば。

隣駅にあるパソコン教室で検定を受けられるということで営業時間に突撃。

受験希望日を告げると試験開始時間は会場側が決めます。申し込み用紙に記入後、検定料を支払い受験決定です。

試験当日

試験当日は時間通りに会場入りします。

随時試験ということで1人で試験を受けることの方が多いかと思います。そういうわけで到着して準備でき次第スタートってパターンもあるかと思います。

基本的に持ち込むものはありません。時計はスマートウォッチみたいな多機能なものでなければOKらしいですが、パソコンに現在時刻と残り時間が表示されますしね。

前半は選択問題による知識科目、後半はExcelを使った実技科目です。2科目ともに100点満点中70点取れば合格です。採点はコンピュータで行われるので試験終了と同時に合否がわかります。

試験後

合格の場合は仮の合格証書(採点結果のページを印刷したもの)を受け取り、後日に正式な証書が届きます。

僕の場合は1ヶ月程かかりましたかね。証書と言ってもプラスチックのカードに氏名と生年月日、資格取得日、受験番号が記載されたものです。結構ちゃちいですよ。

まぁ民間資格なのでこんなもんですね。証書の発行や登録に手数料がかかるとかそんなんじゃないだけましでしょう。あくまでスキルの証明ですし、業務独占資格ってわけではありませんからね。

合格のための勉強方法

日商PC検定試験 データ活用 2級 公式テキスト&問題集 Excel 2013対応 (FOM出版のみどりの本)

日商PC検定試験 データ活用 2級 公式テキスト&問題集 Excel 2013対応 (FOM出版のみどりの本)

  • 作者: 日本商工会議所 IT活用能力検定試験制度研究会,富士通エフ・オー・エム株式会社(FOM出版)
  • 出版社/メーカー: 富士通オフィス機器
  • 発売日: 2015/12/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

日商PC検定試験 文書作成・データ活用・プレゼン資料作成 2級 知識科目 公式問題集 (FOM出版のみどりの本)

日商PC検定試験 文書作成・データ活用・プレゼン資料作成 2級 知識科目 公式問題集 (FOM出版のみどりの本)

  • 作者: 日本商工会議所 IT活用能力検定試験制度研究会,富士通エフ・オー・エム株式会社(FOM出版)
  • 出版社/メーカー: 富士通オフィス機器
  • 発売日: 2016/02/19
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

わざわざパソコン教室に通わなくても、テキストを買って繰り返し勉強するだけで合格できます。

テキストはFOM出版から出ている公式テキストを使いましょう。

データ活用の知識と実技科目の解説をしたものと、文書作成やプレゼン資料作成と共通分野も収録した知識科目用のテキストの2種類あります。両方必要です。

とりあえずひと通りテキストをなぞりましょう。そしてテキストに収録されている確認問題と模擬試験を3回やって、行き詰まったりわからない問題が無くなれば合格圏内だと思ってOKです。

知識科目の要点

知識科目は普段からパソコンなどの機器に触れている人であれば元から知っている問題も多いかと思います。

一応注意すべきは簿記的な知識も問われるということ。ただ簿記の資格が無いと厳しいとかではなく、本当に入り口の入り口部分を抑えておけばOK。貸借対照表とかちょっとした勘定科目のこととか。

特に○○率(利益や粗利など)、限界利益、損益分岐点の意味や求め方は勉強しておいた方が良いかもしれませんね。これらもテキストに載っていますのでご安心を。

実技科目の要点

実技科目はExcelの操作ができるかどうかです。VLOOKUP関数、ピボットテーブル、グラフ作成の3つが必須です。あとは応用的なコピペのテクニックぐらいですかね。

試験用に2種類のExcelブックが用意されており、1つは売上などのデータが羅列されたもの、もう1つは整理・分析用のテンプレが用意されたものです。

1から資料をデザインする必要はなく、表を穴埋めしてグラフを作って貼り付ければOK。どうやら後者のExcelブックが採点の対象なので、前者のExcelブックは自由に加工してOKだと思います。

そしてExcelブックを完成させた後に、そのデータからわかることが問題として出されます。でもこれはデータやグラフを作成する時にミスをしていなければ簡単です。

そう、この実技科目の怖いところはケアレスミス。どれだけExcelの操作方法や問題の解き方がわかっていても、列や行を間違えて計算するとアウトです。問題を解く時はよく注意して見てください。

勉強期間は集中してやれば1ヶ月ぐらい?

僕はダラダラ勉強していたので結構かかりましたが、集中さえすれば1ヶ月もかからないんじゃないですかね?

勉強するためにはマイクロソフト・オフィスのエクセルが必須です。まだパソコンにインストールしていない人はOffice 365 Soloが良いでしょう。最新バージョンで学習が可能です。MacでもOKです。

もしOffice 365 Soloのライセンスを購入するならばAmazonが安いですよ。

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年更新版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|各2台

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年更新版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|各2台