おきがるみがる

「お気軽&身軽」をテーマにした雑記ブログ。趣味はコンデジでスナップ写真です。

リコー GR IIIの2019年3月下旬発売と公式発表!

リコー GR III

www.ricoh-imaging.co.jp

ついにリコー GR IIIが公式に発表されました。待ちわびましたね。

発売日は2019年3月下旬。未定とはいえあと1ヶ月ではありませんか。早く日も確定してほしいところです。

www.okigaru-migaru.net

ニコンのDLシリーズは発売直前で突然中止になりましたからね……。

スペックや価格に関すること

www.okigaru-migaru.net

スペックのことはだいたい前回の記事に書いたので、公式発表されたサイトを見て改めて感じたことをば。

際立つ本体サイズの小ささ

いろんな角度から撮った写真が掲載されていますが、本体が異常なくらい小さいと改めて感じますね。

1/1.7型センサーだったGR Digital IVとほぼ同サイズというわけですからびっくりです。これでAPS-Cですよ。

あと単焦点レンズのおかげでレンズの出っ張りが小さいのもグッド。1型センサーはたいていズームレンズ搭載でレンズが出っ張ってるからポケットに入れにくいんですよね。

凄まじい起動速度

電源を入れて0.8秒で起動するとのこと。GR無印を使っていた頃はだいたい1秒でした。これでも速いのですがそれを0.2秒も上回るとは。アスリートかよ。

僕は今パナソニックのLUMIX TX1とLX9を使っていますが、GRと比べるとやっぱり起動が遅い。これもズームレンズが大きな要素で、レンズを繰り出す分撮影可能になるまで時間がかかるということですね。

アクセサリ類は買い直し

気になったのはアクセサリ類の互換性が無くなったこと。

特にバッテリーが変わったのは従来のGRユーザーからしたら少し残念なのではないでしょうか。純正、高いですもんね。でも見た感じスリムなバッテリーなので、これも本体の小型化に影響しているようです。

あとワイコンなどのアダプターも互換性は無いようです。プラスチックで見た目チープなくせに高いんですよね。

www.youtube.com

ホットシューに取り付ける光学ファインダーは同様に使えるようですね。掲載されている動画でも強調されています。

それにしてもファインダー覗いて撮影、楽しそうだな〜! 液晶モニターを見れば視野率100%で撮影結果と同じものが見られるんですけどね。

お値段は12万円程

リコーイメージングの公式で121,500円。これだけ進化したスペックなのでファンなら「安い」と思うところでしょう。

しばらくしたら値段は落ちるかもしれませんが、安くなっても10万円切るぐらいじゃないかな……。

僕もお金に余裕があれば買っていたのでしょうが、いま必要なものかというとそうではないので今回は見送りになるでしょう。理由は後述。

気になったこととか雑感

ここからはGR III発売について気になったことなどを適当に書きます。

よくGRシリーズを続けてくれた

「GR III待ってました!」って声は多いのですが、むしろGRシリーズの存続すら諦めていた人も多かったのではないでしょうか。

www.okigaru-migaru.net

僕も2017年に記事を書いていますが、これまで2年に1回のペースで最新機種を出してきたシリーズがいつになっても発表すら無かったのです。しまいにはGR BLOGも終了して音信が途絶える始末。

YouTubeでも「高級コンデジ! フルサイズミラーレス!」とデジカメ関連の話題は盛り上がっていますが、スマホの登場でデジカメ業界が風前の灯火なのは変わっていません。

そんな状況ですから長らく続いてきたシリーズもいよいよ市場から撤退という決断が下されても仕方がないところを、よくぞシリーズを続行してくれたと感動を覚えます。

それに「GR無印やGR IIで向こう10年遊べます」ってぐらいのスペックでしたし、「これ以上のスペックを望むとなるとサイズアップは仕方がないんだろうな〜」とか思ってたらまさかの超スペックアップでサイズダウンw どれだけ優秀なチームで、どれだけ苦労を重ねたのだろうか。

富士フイルムは対抗機を出すのだろうか

FUJIFILM デジタルカメラ X70 シルバー X70-S

FUJIFILM デジタルカメラ X70 シルバー X70-S

GRのライバルと言えば、GR IIと同時期に発売された富士フイルムのX70です。GR無印の頃にはニコンからCOOLPIX Aというのが出ましたが一瞬で話題から消えましたね……。

FUJIFILM デジタルカメラ XF10 ブラック XF10-B

FUJIFILM デジタルカメラ XF10 ブラック XF10-B

去年富士フイルムからAPS-Cセンサーに28mm単焦点レンズを搭載したXF10という機種が出ましたが、「これはX70の後継機ではない」という評判で、僕もX70の後継にしてはライト過ぎるなと思います。

これから富士フイルムがX70の後継機を出すとなればGR IIIを意識することになると思うのですが、果たしてこのGR IIIのスペックに対抗できるものを作れるのでしょうか……。

森山大道はGR IIIを使うのだろうか

GRユーザーとして最も有名なのは森山大道さんですが、氏は最近GRではなくニコンのコンデジを使っている(しかもミドルクラスの)とのこと。

ニコンを気に入って使っているのであればGR IIIを使わない可能性があります。そのニコンのコンデジの良いところとしてズームが速いとまで言っているそうなので。

GR IIIは離れたユーザーでさえも振り向きたくなるような傑作になると思いますが、写り以上にコンビニエンスなカメラを好む人ですから、もしかするとGRistに名を連ねないということも……。

せっかく渾身のGR IIIですし、是非とも森山大道さんのインプレッションを聞きたいところです。

残念ながら僕は見送り(ズーム機がほしい)

ここまでGR IIIについて熱い期待を抱いていることを書いてきましたが、僕自身は買う予定がありません。

金銭的に余裕があれば買いますし、必要と思えばもちろん買っています。買わないのは今の僕には必要がないと思うからです。

僕は現在高倍率ズームであるLUMIX TX1と、開放F1.4の標準ズームを搭載したLUMIX LX9の2つのコンデジを使っています。

TX1は高倍率ズームなので、旅からイベントまでオールマイティに撮れます。そして望遠側で撮ることで圧縮効果の表現もできます。

ただ、TX1だけでは夜景や屋内など暗いシーンが圧倒的に不利なので、サブとしてLX9をと使い分けています。

ストリートスナップをバシバシ撮っていくスタイルであればGRは最高なのですが、その機会は減ってきており妻や友人と出かけた時の記録として撮ることの方が多くなってきています。スナップであってもズーム機で好きなように大きく写したり切り取るスタイルを好むようになってきました。

もちろん解像度といった画質面ではGRで撮った写真の方が綺麗です。過去に撮った写真を見比べてみてもかなり実感します。でも画質よりも今は便利さを追求したところ、レンズが明るくてズームができる1型センサーコンデジを使いたい、といったところです。

もし同じ12万円を払うならばソニーのRX100 M6を買うと思いますw TX1と入れ替えってことで。

でもGR IIIはとても興味があります。発売したらヨドバシに行っておさわりしてきますよ〜。