おきがるみがる

お気軽&身軽に趣味や資産運用(インデックス投資)を楽しむ雑記ブログです。

リコーGR IIIは2019年春に発売予定! かなり期待できそうな予感

リコー GR III

※画像はデジカメwatchより拝借

dc.watch.impress.co.jp

ついに来ましたね。リコー GR III

僕は既にパナソニックに魂を売ってしまっているので買わないと思いますが、かなり食指が動くコンデジになりそうです。

2019年の春に発売予定ということで、新社会人の皆様には初任給で買っていただきたいところです。

マクロが強力になった

APS-CになってからのGRはマクロが課題でした。

最短撮影距離が10cm。これは悪くないのですが、1/1.7型センサーだったGR Digital IVの1cmや、最近の1型センサー搭載コンデジの3〜5cmの足元に及びませんでした。

もし6cmのマクロが実現したら鬼に金棒だと思います。富士フイルムの新しいAPS-CコンデジのXF10が10cmマクロなだけに、GRIIIが一歩出し抜きそうです。

手ブレ補正SR

GR IIIではセンサーシフト式の手ブレ補正 SRが搭載されます。

GR IIの発売時は手ブレ補正が新たに追加されずにガッカリした覚えがあります。

レンズの明るさはF2.8で、これは暗くはないのですが夜間や室内の撮影では少し頼りありませんでした。

手ブレを防ぐにはISO値を上げるしかなかったのですが、手ブレ補正がついたことでISO値を抑えることもできそうですね。

ここに高感度耐性もつけば……と考えると、GRやGR IIのウィークポイントを全部解消してくれるかもしれません。

ゴミ取り機能 DRII

さらにさらに、センサーのゴミ取り機能 DRIIも付くとのこと。

GRのレンズは沈胴式なので、どうしてもホコリを内部に取り込みがちです。

実際僕がGRを使っていた頃も何度かゴミがセンサーに付きました。サービスセンターに持っていこうとしたところで、家を出る前に確認したらゴミが取れていたという思い出があります。

そしてレンズ一体型のコンデジの難点は自分でクリーニングができないところです。ついにその悩みを解消してくれるますね。おそらくゴミが付くって声が相当あったんでしょうなぁ。

ボディサイズが小さくなる

ボディサイズについて、GR IIが約117×62.8×34.7mm</span<で重量は約251gなのに対し、GR IIIは約109.4×61.9×33.2mmで重量は約257gとのこと。

なんとGRIIIの方が重量が大きいもののボディサイズは小さいんですよね。これが1番の驚き!

あと軽量化について言えばSDカードについて。GRIIは内蔵メモリが54MBしかなかったのに対し、GRIIIは2GBもあるとのこと。

サイズ小さめのJPEG撮影ならばSDカード不要になるかもしれませんね。SDカードを抜いた軽量化は微々たるものかもしれませんが、少しでも軽くというならばそういう使い方もありかもしれません。

今度のGR IIIは期待できるぞ

あと液晶モニターがタッチパネルになってます。まぁこれは僕的にいらないかな……。

欲を言えば光学でも電子でもいいのでファインダーを内蔵してくれたらなぁと思うんですが、軽量コンパクトを実現するなら無さそうですね。

画質はもちろんコンデジ最高峰でしょう。僕はLUMIX LX9を使ってまして、レンズの明るさやズームは確かにGRより便利ですが、写真の解像度はGRが圧倒的に上ですからね。

これだけの進化をして、お値段はいかがでしょうか。10万円は切ってくれることを願います。

いや、買いませんよ? たぶん。